自作エサバッカン製作。

私のエサバッカンは自作品を使用している。かなり傷んできたので新たに製作することにした。

DSCN1055

まずは材料。100円ショップの大きめの蓋付きタッパー、アルミテープ、使い古しのエサバッカンに付いていたステンレスフック。道具は電動ドリル、カッター、ペンチ。

まずはタッパーの周囲にアルミテープを貼り付ける。これは直射日光による温度上昇・エサの痛みを防ぐ為。ステンレスフックは留め口を広げておく。
電動ドリルでステンレスフックを取り付ける場所に穴を開ける。ステンレスフックを取り付けペンチで締める。タッパーの蓋はカッターでカットして蓋が締まるようにする。15分程度で出来上がり。

DSCN1060

私はエサを小さなタッパーに入れている。この大きめのタッパーならば小さいタッパーが4つ収納できる。大体、練りエサ2、サナギ1、オキアミ1を入れておくことが多い。

DSCN1062

エサの保存はタッパーに蓋をしてこのまま冷凍庫に。-20度までOKなので変形することも無い。

DSCN1064

水汲みバケツにエサバッカンクリップポールを取り付けてエサバッカンを掛ける事が多い。
わざわざ、手を伸ばしたりしゃがんだりする必要が無いのでエサバッカンクリップポールはおすすめ、バッカンやバケツにも取り付けられる。ちょっと竿を休めるときも針を掛けたりしている。

フォローする

TOP