マルキュー・ナンバー湾チヌII(ツー)、レビュー。

マルキューから新発売になったナンバー湾チヌIIを購入してきましたので、レビューしたいと思います。

エサの釣り王で聞いたら、新製品・湾チヌIIが発売になり、旧製品の湾チヌは製造中止になるとの事。なんだ、単なる内容変更なんじゃん。2製品とも販売すると思っていたよ。

まずは湾チヌとIIとの比較から。左が新製品II、右が旧製品。

新製品の方が濃い色なのが分かると思う。匂いも新製品のほうがある。固形物は新製品の方が多いかな。コーンも見える。

そこでふるいに掛けて内容物をチェック。ふるいに掛ける量は同じにした。

新製品・湾チヌIIの方が固形物は多い、中でもコーンが目立っている。この新製品は湾チヌスペシャル寄りの配合になったのかも、そう感じた。使う分には普通に使えそう。私の個人的な感想を言うと、旧製品の方が良かったな。

ついでにBチヌと白チヌも見てみよう。ふるいに掛けたのも同じ量。

やはりBチヌは粒子が細かくて濁りが強そう。白チヌも少し微粒子がある。白チヌの固形物は多いけど、小さな硬い白い物が多かった、パン粉かカキ殻かコーンの欠片?はっきり分からなかった。

最後に配合エサに新製品を使うかどうか。 私は濁り重視で攻めたい、比重は砂を足せば良いんだし、これはちょっと使わないかも。

私のコンセプトは黒鯛にコマセを食わせずエサを食わせる。
コマセは濁りと匂いで寄せるだけ。これはちょっと固形物が多すぎる。
やっぱりBチヌ+白チヌ+ヌカの白系コマセで私は続けるかも、半夜でも白い方が目立つと思うんだよね。

フォローする

TOP