ストリンガーに悩み・改良。

現在、ストリンガーのフックはヤマワ産業のパーフェクトストリンガー。
このストリンガーはとても気に入っている。1年近く使っているが錆や折れは無い。フックもまだ硬い。

ストリンガー用ロープとホルダーは以前に使っていたのを使いまわし。ロープが太く・ホルダーも使い勝手が良い、これも気に入っている。
ストリンガーの先端にはフロートを取り付け、これは半年前に改良した。
以前、黒鯛が岩に挟まって取れなくなってしまったことがあるので、古いスカリのフロートを流用。これで深く潜れず岩や堤防の穴に挟まることはないだろう。

今回の悩みは黒鯛を複数枚ストリンガーに掛けるとロープが絡んでしまうこと。先日のカイズ3枚もゴチャゴチャに絡んでしまい、結果的に魚は弱ってしまった。ロープには絡み防止のチューブがあるのだけど短くてあまり効果はなかった。
う~ん、どうしたら良いものか。チューブ部分を長くすれば良いのかな。
チューブは熱帯魚用のが余っているので、作ってしまいましょうかね。

チューブを以前の3倍の長さにして作ってみた。

これで絡みも減るだろう・・・ってそんなに釣れるのか?
ストリンガーのフックは取り外してベストの中へ。ジャラジャラ付けておいても良いんだけど、岩に絡む危険もあるので取り外して、使う時に取り付けている。
試してみてまだ絡むようならば、ダイソーでエアーチューブを買って作り直します。

携帯時もこれだけコンパクトに収納できる。あとはフロート単体を買ってくるかな。
昨日はカイズ1枚だけだけど改良したストリンガーを使ってみた。カイズは自由に泳いでいて、弱る様子はなかった。

あ~早く3枚以上を掛けたいですね、でも何時になるのやら…。

フォローする

TOP