砂糖漬けオキアミ作製。

オキアミを頻繁に使うようになったので、砂糖漬けオキアミを追加作製。
前回作ったものは砂糖が足りなかったみたいで、身の締りが悪かった。遠投すると針から外れる事もあり、今回は砂糖を多めに使い作ってみる。
加工済みのオキアミを使えば手間が掛からず良いのですが、値段が高いし自分で加工したほうが面白いしで作っています。

オキアミは1.5kgブロック、サイズはLLを使用。
エサ用の小ブロックも売っていますが、カットされているので端切れが多く、値段も割高なので1.5kgを使っています。

オキアミブロックはビニール袋のまま真水に浸して5時間放置で自然解凍させます。
解凍後に水分を切り、選別作業へ入ります。

何故、選別するのかというと、最近はオキアミの品質が悪く、小粒なもの、切れたもの、頭が潰れているもの、身が柔らかいものなどがかなり混じっています。
これを釣り場で選別するとなると時間のロスになります。選別してあれば手返しが早くなりますね。

選別は粒が大きくて身がしっかりしているものを選びます。
また目が無いもの、頭が潰れているもの、胴体と頭の境が割れているものは除外します。
目はやはりある方が良いのかなと、胴体部分が割れていると遠投した際に頭だけ切れてしまいます。頭が潰れているのも同じ理由です。

選別後は砂糖にまぶし漬け込みます。
30分経過後に水分を切って再び砂糖をまぶします。
1.5時間経過後に再び水分を切ってタッパーに小分けして冷凍保存です。砂糖は300gくらい使います。

タッパーに分ける際に味の素または塩を振り掛けておくと砂糖のベタつきが無くなります。釣り場で指がベタベタするのは不快ですからね。
写真は小分けして冷凍したもの。

結構、面倒ですよね。でもこれも釣りの一部です。面倒な方は加工済みオキアミをお勧めします。
これは黒鯛狙いで浅場・渚釣り・遠投用です。メジナ狙いには生が良いかも。

フォローする

コメント

  1. うさぎ より:

    だいぶ前の試食の時のを拝見してからキャスティングで2kgを解凍して砂糖漬けを行っていましたが 自分の好きなエサを使えるのはもちろん冷凍してもすぐ解凍できるといいますか かっちかちにならないというか 気に入って真似させてもらってます!
    釣り場だと少ししか気にならない匂いがキッチンだと爆臭なのがすごいですけど(笑)

    • 沢村 より:

      そうですね、不凍タイプに似ています。
      1ブロックで7-8回の釣行分は出来ますし、砂糖の量で身の締まり具合も調整できます。
      私もキッチンでやっているのですが、やはり匂います。換気扇回しながらやってます。でもまあサナギ程ではないかな…。

TOP