富士工業 新ラインスベル

先日、富士工業の新しいラインスベルを入手できました。
買ったのはスーパーラインスベル、楕円のです。

line-suberu

ホームページには22%軽量化、30%強度アップとあります。
でもさ、これ、軽量・強度アップする必要あるのか?私は今までので不便はなかった。しかも値段が上がっているし。

買ってきて取り出してみた。
楕円のヨリモドシ部分は以前と同じ、スナップ部分が改良された。
スナップを開けようとするが、どちらから開けるのか分からない。
力を入れてもなかなか開かない、色々やったらやっと開いた。これ結構力がいるぜ、指は痛いし、爪が食い込み割れそう。

試しに円錐ウキとカヤウキを取り付けて、スナップの開閉をやってみたが、ウキがあると余計に力が入らない。閉じることは出来るけど、フックが開かない。暗い時間帯だったら余計分からなくなる。時間が掛かり手間取る。

なんだこれ、改悪じゃん。(怒)

スナップ部分には小さな突起があるから、仕掛け投入時にハリスやラインが引っ掛かる可能性もある。
それに軽量化ってさあ、このスイベルの重さも計算してウキの負荷を合わせているんだぜ、軽量化は必要ないよな。

私は以前のバージョンの方が断然使いやすかったな。暗い時間帯でも触った感触で開け口が分かった。
以前のも併売を希望する。

併売しないならスナップ部分は切断して、違うスナップを購入して使うしか無さそうだな。
遠矢ウキのスイベルも買ってあるから、そっちに変更かな。
誰かフィッシングショー行ったら文句言ってきて頂戴。(笑)
これはちょっと富士工業にクレーム出した方が良いのかな。

フォローする

TOP