第一精工 ノギスケール65 レビュー

とうとうメジャーが壊れた。
錆びて魚の頭を当てる部分が開かなくなった。最近はメジャー無しの写真になってしまった。
錆を落として開くようになったけど、もう交換しなくっちゃダメだな。

どれを買おうか迷う。有名メーカー品は大体が120cm、長すぎる&携帯時にかさばる。私の使っていたのは長すぎるのでカットした。(笑)
風が強いと撮影時にズレたりめくれたり厄介なんだ。普通のメジャーは120cm、長さはそんなに必要ない。
サイズは60-70cmくらいで、風に飛ばされなくて、視認性が良いのが欲しい。

DSCN0622

そこで見つけたのが第一精工のノギスケール65。
これなら長さは65cmまで、丁度いい。

メジャーにノギスが付いていて、頭と尾にノギスを合わせれば計測できる。メジャーの視認性もよく、赤ラインで分かりやすい。
ノギス部分の重さ、両端器具、カラビナの重さもあり、風に吹かれて捩れることもないだろう。
しかも収納・携帯時はウレタンバンドで止められるし、カラビナで引っ掛けておける。携帯時もコンパクト。
実に釣り人の使いやすいように作ったメジャーだね、気に入った。

でもさあ、やっぱりモンスター級を測りたかったな。まだ悔しさ一杯です。
野崎さんも畠山さんもモンスター級メジナと格闘したらしい。皆バラシ、誰も上がらず。誰が仕留められるでしょうね。

フォローする

TOP