40UP8枚目。

今年の黒鯛の活性期は調子がいい。 私が読みの通り早く始まった。

昨日は40UPの黒鯛をゲット出来て、これで40UPは8枚目になる。
そろそろ45UPや年無しも取りたいが、この調子で行けば出そうな気もしている。

例年の今頃は海苔メジナ狙いにどっぷり嵌っている頃。
今年は海苔が早く消えたおかげかも。でも、海苔メジナ狙いをもう1,2度やりたいんですよね。

最近はタモ入れする機会が多くなってきたが、やっぱり玉の柄は良い物を使うべきだと思った。
現在はこれを使っている。

玉の柄購入
玉の柄を購入しました。 最終的にダイワとシマノに絞りました。で、購入したのはシマノのISO-XT 玉ノ柄 500です。

何と言っても軽い。掬う時、先端を海に向けるだけでスススッ~と降りていく。
今までは途中で引っ掛かって何度か上下に振ったりしてましたから。操作性は抜群です。
それなりの価格がしますが良い物は良い、もっと早く買うべきでした。
現在は5mの玉の柄ですが以前より良いです。前のはタモ入れ時にタモより魚が手前に来てしまい、もう一度縮めて伸ばすなんてことは良くありました。

ちょうど今、アピールホワイトと食い渋りイエローを解凍中、これから練りエサ・クリームダンゴを作ります。
練りエサは季節によって乾いて硬くなってしまったり、湿気ってベトベトになってしまったりするんですよね。
元々、ラップに包んであるものなので、一回分を小分けにしてラップで包もうと思います。こうすれば品質は変わらず使えるかな。

よくメーカーの釣行記を見ると食い渋りイエロー単体で使っている人多いですよね。
食い渋りイエローはエサが残っていても仕掛け回収時に針から落ちてしまうと思うんですよ。流せるのは一回だけ。
私は針に残っていた方がエサ取りの状況を読むのに便利だし、形を変えたりちょっと追加したりして、何度も同じ練りエサを流すことが多いです。練りエサ自体が柔らかくなって同じエサで2回目の投入の方が食ったりしますからね。

フォローする

コメント

  1. じじい より:

    風波が酷くて、釣りにならなかったけど35Cmをゲット。 果たして件の
    コマセの効力なのかはまだわからない。 毎回、寄って在庫があれば使お
    うと思う。 かなり良さげ、残念ながらインフルエンザを患ってから嗅覚
    を失っているので匂いの差はわからないっ…

  2. 沢村 より:

    おお、また取りましたか。流石です。
    あのエサ、なかなか良いでしょ。匂いは昔のに比べたら悪いけどね。

TOP