水温下降傾向?

黒潮は離岸し始め、暖水流入は止まったように見えます。
これからは徐々に下降していくものと思われます。

今回は暖水が三浦半島全体を覆いました。
例年なら東京湾の冷水が久里浜から金田方面へ入るのですが、今回は無かったです。
何故なのか分析してみた。今年の1月は関東の雨量が少なかった。東京湾に流れ込む川の水量も少なかった筈。なので余計に引き込まれてしまったと分析する。

日曜日は冷たい雨になるみたい。今後は極端な水温低下に注意が必要だと思う。
この先、水温がどのくらいまで下がるか、乗っ込み狙いも見極めなければいけません。

昨日は野崎さんに先日下見した新浅場の情報を聞いてきた。
駐車スペースはOK、釣り禁止の場所もあるがここは問題ない&誰もやっていないとの事。一度下見しただけだが半夜も出来そう。
次回の南西暴風時は釣行するつもりでいる。その前に一度タナの測定に行ってきましょうかね。
出るかどうかは分からないけど、ちょっとワクワクしている。
普通の人から見たらこんな所で何やっているんだろうと思われるだろうな…。

さて、昨日は黒鯛をゲットできました。
昨日は悪条件で出ないだろうと決めつけていて、繊細なウキでアタリを楽しむ事にしてました。この余裕が良かったのでしょうか。
最近は潮位が低い悪条件の方が出る場所が多い気がします。少し考えを変えなければいけません。

フォローする

TOP