刺し網で撤収、トホホ。

今日は早朝黒鯛狙い。2回カイズを取っている場所へ向かう。何故かうねりが入っている。
暗い時間帯に賭けたいので3:00開始。最初のタナ取りの時に手前で根掛かり、おかしいなここは根はキツく無いんだけど。ここで気付くべきだった。

3:30、漁船が出港していく。沖の方へ網を上げに行く。
一艘、向こう側から漁船が近づく、ライトを照らしながら刺し網を上げ始めた。沖の根回りに網が入っている。だけど、網を上げながら徐々に近づいてくる。正面のポイントを通過し奥まで網が入っていた。
何が掛かっているのか、エビかサザエか魚なのか?見てみるが掛かっているのは海藻ばかり、何も掛かっていないようだった。
ここは網が入っていたので出来ない、もう4時を過ぎている。今から移動してもすぐに明るくなってしまう。明るくなればアイゴの猛攻は目に見えている。今日はここで撤収。トホホでした。

刺し網は毎回入れているのか、たまたまなのか、うねりがあったからなのか?以前の数回は入っていなかったんだよね、油断してた。
網のブイが正面に浮いていれば回避出来たのに、かなり離れた場所では全く分からないよ。やりたくはないけど、強力なライトを購入して釣り開始前に海面チェック・ブイ探しをするべきだろうか。
カゴ網は冬でも入っているけど、刺し網は何時まで入れるんだろうか。
折角、ライトを当てられず集中できる場所だったのに悔しいな。釣行記に書いてないけど先週も他の場所で網に遭遇して撤収がありました。

帰りに黒鯛が見える場所へ下見に行こうと思っていたけど、気がついたら家に帰ってきていた。
さて、今週はもう一度釣行するか、それとも来週の半夜に賭けるか、天気次第だけど考えましょう。

フォローする

TOP