アイゴより手強いヒガンフグ。

今年はアイゴが少なくなっていますね。
昨年までは明るい時間帯はアイゴまみれでかなり掛けました。
今年はというと20cmちょっとのが4枚程度しか釣ってません。アイゴも小さいと針に掛かりにくいです。

で、逆にフグが増えて猛攻ですよ。
特にヒガンフグは夜でもお構いなしに食ってくる。サイズも大きくなり歯も強靭、ハリスをガタガタにされたり針を取られたりで厄介。

しかもサナギを食ってくる、黒鯛が入ってくれば小さいのは消えるけど、大きいのは同居する、余計に手強い。
昨日は針の結び直し10回以上、針を取られたのは5回、もう嫌になりますよ。ヒガンフグはアイゴよりも手強い相手です。

私の読みではアイゴが減った分、ヒガンフグが増えている印象です。
過去の経験から、水温が落ちてくるとヒガンフグはサナギを食わなくなってくる傾向があると感じている。それを待つしか無いのか。
あとは自作練りエサで対抗するしか無いのかな。

先日までは暗い時間帯はフグが消えていたんですよね。やっぱり濃口コマセの影響で寄ってしまったんでしょうか。
クサフグは暗い時間帯は静かな感じでした。

最近、体調も優れないことが多いです。体がダルかったり重かったり。
また右親指の関節が炎症を起こして痛む、そして指のかぶれが酷い。かぶれはビニール手袋のせいかも。
目の調子も良くない、もうガタガタですね。

昨日も書きましたが、暗い時間帯に針を結び替えるのが辛いです。予備に針を付けたハリスがあるのですが、交換すると無傷のハリスがもったいない。
自動針結び機を買おうか。発売された当初ですね、使ったことがありますが、不良品だったのか?毎回ハリスに傷が付きやめました。今のはどうなんだろうか。

フォローする

コメント

  1. うさぎ より:

    最近は会社の草むしり等で釣行できていません!
    暑くなったり涼しくなったりで体調管理が追いつきませんよね
    私も目が悪いので針の結び直しは苦痛になりつつあります
    むしろサルカンに糸を通すのも微妙なレベルになってきています(笑)
    自動針結び機なんていうものがあるんですねぇ 全く知りませんでした!
    老眼なので私もちょっとほしいかな!

    • 沢村 より:

      本当、暑くなったり涼しくなったり、また暑くなったり。体調が付いていけません。
      私も老眼で明るい時間帯は良いのですが、暗いと駄目です。
      針結び器、2-30年前だったかな、ありました。私も尊敬する三浦黒鯛名手のsさんが使っていたのには驚きでした。
      本文に針結び器、張っておきました。

TOP