際狙いと柄杓カップ変更。

昨日は良型黒鯛をゲットできました。
諦めかけていた時のヒットだったので嬉しいです。

昨日から柄杓カップをMからSSに変更しました。
ベルモントのカラーエンボスチタンカップのSSをAmazonで購入。在庫1で購入直前にも値下がりして700円以下と激安、即ポチった。

早速、古いベルモントの柄杓のカップを外してSSを取り付けた。
普段、使っているMと比べると容量が4割以上の減になる。軽くて良い感じ。写真はMとの比較。

昨日は初めてカップSSを使ってみる。慣れないせいか、アンダースローでは近目のコマセコントロールが出来ない。
際に入れるのでサイドかオーバーでもコントロールは出来た。これはこれで良いや。
これからは際・近目狙いの時はSSカップを使おうと思う。勿論、Mカップも常備しておく。
また海苔メジナ狙いの時もこのカップを使う。今までの海苔メジナの時はカップに半分~8分目入れてコマセを打ったりしていた。これで解消される。
遠投も試してみたが、風が背後からならアンダースローでも十分飛ぶ事が分かった。

次は際狙い。
いやぁ、こんなに際で出るなんて、今まで何していたんでしょう状態。
黒鯛といえば沖目のカケアガリ、落ち込み、溝、ピンポイントの砂地を狙うのがセオリー。それが全て覆ります。
私は過去に際で取った事がありますけど、こんなにも釣ったのは初めてです。

今年、最初に際で取った時の状況です。際にメジナが見えていてコマセを少しだけ入れていたんですけど、なんとそのコマセに黒鯛が反応していた事でした。試しに際に入れると即食いました。これから際を重視し始めました。
それ以降はコマセに黒鯛が突っ込んで見えることは無くなりましたが、見えない底では黒鯛が入っている可能性有りでした。沈んだ押し麦を拾っている可能性もありますし…それが何回かビンゴしてます。
昨日のも押し麦を食ってましたので、底で拾っていたと考えてます。

さて、こうなると何処でも際で出るんじゃないかという考えが出てきます。浅瀬は無理としても2ヒロ以上の水深があれば際で出そうな気がします。
思い当たる場所は沢山、あそこも際が掘れてる、あそこも沖から近目までほぼフラットなので際でも出そう。他にも一杯出てきますよ。
ただ、他の釣り人が沖目狙いしていると際には入ってこない可能性が大ですね。
以前のHGで我々は沖目狙いなのに隣のO氏は際狙いのみ。我々が帰った後に際を狙ってしっかり取ってましたね。あの時は不思議に思ってました。

一人静かに際狙い、最高ですよ。(笑)

フォローする

コメント

  1. ヒスイ より:

    際狙い面白そうですね。
    私も、前回ほぼ竿下で44cmが釣れました!
    今回は5.3mの竿。
    船の間だと3m位の短い磯竿でも小回りがきいて面白そうですね。

    • 沢村 より:

      コメントありがとうございます。
      44cm、綺麗な黒鯛ですね。HP拝見しましたがタチウオも良いですね。こちらはタチウオが釣れるポイントが少なくて・・・やれば出る可能性はありそうですけど。

      際狙い、面白いです。短竿でも良さそうですが、船底やロープに接触すると切られますから、そこは長い竿で交わした方が良さそうです。エリネスの4.7mがちょうど良さそうです。

TOP