そろそろ早朝釣行へ移行&過去に例がない高水温。

3月中旬になり早朝の寒さも無くなり暖かくなってきた、日の出の時間も随分早くなった。
また小潮周りは夕方に潮位がかなり下げてしまう事があるが、早朝は潮位が高い事が多い。
昨日は気温が18度超え暑くてたまらなかった。早朝なら暑くはないし体調も楽。

日曜日も早朝狙いでカイズが取れ、早朝でも出ると確信した。
そろそろメイン釣行を早朝狙いに切り替えていこうと思う。
早朝なら頻繁に行けるし、道路も釣り場も空いている。勿論、条件次第では夕方も攻めますよ。

今年の乗っ込み後半戦に予定していた場所。海水温が変なので、そろそろ攻めてみようと思っている。
あとは幾つか新しい場所も攻めたいと思っている。
出るかどうかはやってみないと分からないが、まあ出ないだろうな。

次は海水温の話題。
今年の異常に高い海水温、過去に例がないので困っている。
過去に一度でもあればその時の乗っ込みの状況が分かるのにな…。

以前に良くあるのが、3月下旬頃に黒潮からの暖水流入。これは昨年ですね。
東京湾口海況図を1ヶ月のサムネイル表示にするとよく分かります。(例:昨年の3月
昨年の3/11の三崎の水温は12度でしたね、昨日は何と16.6度。例年のGW頃の水温です。
先日、西岸の漁師さんと話したのですが、ワカメが成長せず海が死んでいると言っていました。
黒潮大蛇行、一体何時になったら解消するのでしょうか?

フォローする

TOP