カヤウキのコーティング。

朝晩は冷えますが、日中は暖かいですね。
桜も満開、釣りか花見か。以前は正面と周りに桜の木で釣りができる所もあったんですが、今は入れないかも。
あ、そうそう、桜の花びらが海に落ちると意外と厄介なんですよ。ラインに巻き付き、ガイドに張り付きます。


自作カヤウキの話題です。
昨年までウキの塗装は黒のカシュー、それに軽く樹脂系コーテングでした。
特に遠投自立カヤウキでは塗装の剥げが多くて困っていました。

昨年の夏頃からカシュー塗装の上にコーティングをしています。
使ったコーティングはルアー用のウレタンコートです。

これをドブ漬けするのですが、私のカヤウキのボディは25cm近くあります。
透明なパイプを購入し、蓋をしてドブ漬けに出来ました。
それからは塗装剥がれは激減しました。

半年経過し、そのウレタンコートが所々剥がれ始めました。カシュー剥がれは無いです。
今日は浅場用の遠投自立カヤウキ全てをドブ漬けコーティング。これを2~3回繰り返します。
ドブ漬けは専用うすめ液で希釈すると薄い被膜になります。

一応、注意する点はカシュー塗装後三日以上乾燥させてからコーティングすること。でないとカシューが浮き上がりシワクチャになります。
市販のウキもウレタンコーティングできると思います。塗膜剥がれや傷がついた場合はやってみてください。

フォローする

TOP