幸先は良かったのですが?

釣行データ

日 付 2017年 2月 27日(月)
天 気 快 晴
大 潮
対象魚 黒 鯛
エ サ オキアミ サナギ その他
釣 果 黒鯛 1枚
サイズ 黒鯛 35cm
釣行時間 17:00-20:00
ヒット時間 17:45

釣行記

天候 晴、大潮 満潮17:33、風 北5m、水温 15℃、べた凪、べたスケ

本日は大潮回りで夕方満潮、週初めで釣り人もいないという好機。先日の残りコマセを使い切ることとする。但し、相性の良い岩ISOは新規調達。

釣り場に行くと浅瀬の膝下程度の水深のところで黒が悠然と泳いでいる。まだ明るくて向こうからも丸見えのはずだが釣れるもんなら釣ってみろと挑発された感じ。2㎏はありそう。
本題の勝負は、必殺岩ISOからスタート。フグも登場せず無傷のご帰還が続く。でも根もたれしないところでもウキをゆっくり抑えるアタリが出始めるが合わない。べたべたの凪で食い気が低いのか?
6時近くなってウキが見えずらくなったので電気ウキの準備をしているといつの間にかウキがない。竿を煽ると魚の反応。完全に相手に主導権を握られた。メジナなら潜られて取れない。まだ薄暮で相手が確認できた。ヒラをうった姿は黒鯛。大きくはないが後手を踏んだ分、やり取りは劣勢。しのぎながら何とか一尾をゲット。
向こう合わせの釣れちゃった一尾(恥)です。やはり餌は岩ISOでした。
その後はコマセ投入箇所は一定にしながら広範囲に探ってみましたが反応はありませんでした。まだまだ厳しい戦いは続きそうです。

987

フォローする

TOP