幸先良かったものの・・・

釣行データ

日 付 2018年 8月 13日 (月)
天 気 曇|晴
中 潮
対象魚 黒 鯛
エ サ サナギ 練り餌
釣 果 黒鯛 2枚
サイズ 黒鯛 32cm 40cm
釣行時間 18:30-22:30
ヒット時間 18:55 22:30

釣行記

天候 曇・晴、中潮 満潮18:28、無風、うねり・波無し、水温27℃、水質 うす濁り、釣り人 ゼロ

本日は盆休みの真っ只中、夜も釣り人が多いのかな?様子見兼ねて漁港に行ってみる。最近は夕方までは駐車場も有料、でもこの時間ならもう無料。そんな事も影響してかファミリー釣り人も居ない、良かった。

海面は最大潮位、これから下げ潮、釣れそう。実釣開始 25分 サナギで3投目にアタリ、合わせると走りが強い。32㎝をゲット。幸先良し、これは3枚位釣れるのでは?と油断したとたんの7時近所で盆踊りが開始。会場までは300m位離れているが低重音の大太鼓の音と「月が出た出た~」がやけに大きく、となりで大声ではしゃがれている様な物。全く魚の気配が消える。フグも居なくなった。練り餌でも歯形もつかない状態。

惰性で続けていると21時盆踊りは終了、急に静かな夜の海に戻る。ここからやり直しコマセを厚めに撒いて竿先にポイントを作る。

21:30フグがより始める。いつもなら嫌気がさすところだが魚が寄ったということで何故か安堵。練り餌も残ったり、なくなったりでアタリを待てる状態。そうは言っても4時間経過の22:30納竿と決めていた。

するとラスト投入でアタリ、合わせを入れる。竿先ポイントなのでいきなりの強力な締め込み、糸を送り込んで応戦。緑色が入ったきれいな魚体は40㎝、餌は練り餌、最終回2アウトランナー無しからの逆転劇となりました。

 

フォローする

TOP