カニでニ尾ゲット!

釣行データ

日 付 2019年 6月 25日 (火)
天 気 快 晴
小 潮
対象魚 黒 鯛
エ サ サナギ カニ・イガイ
釣 果 黒鯛 2枚
サイズ 黒鯛 40cm 39cm
釣行時間 19:30-23:30
ヒット時間 22:45 23:10

釣行記

天候 晴、小潮 満潮23:20、風 北東微風、べた凪、水温 24℃、澄み潮

先日カニ餌のフカセ釣りで釣果が得られたので、干潮時に小カニを多数採取。満潮時も23時以降となる為付け餌はカニオンリー、予備餌にサナギといった作戦。とにかくフグの多い場所でもありオキアミ、練り餌では餌の持ちが悪すぎて戦意喪失してしまう。

19:30実釣開始、コマセを4杯程撒いた時点でフグ出没、20㎝程の赤目フグが掛かる。その後のアタリも全てフグ、何度も針ごと取られる。相手はクサフグではなく、赤目とヒガンフグ。2時間がかりで悪党どもを退治するとようやくカニをいたずらするものが消えた。

今日は月も出ていないで漆黒、釣り人も居ない。じっくり黒鯛と向き合える。
ここで作戦変更、カニ餌は宙づりにして足をバタつかせた方がアピールが増す思い底より20㎝程ウキ下を浅くする。この変更が的中、フグとは違うアタリ、気配を感じる。ただ合わせのタイミングがいつもの餌とは違い判らない。

何度目かのアタリでは聞き合わせで静かに糸を張ると糸の先には生体反応、ここと思ったところで合わせを入れたら乗った。引きが強い、40後半かと期待したが空気を吸わせて取り込みにかかる時点では40位かと自身でも納得。22:45 40㎝ 黒鯛でした。

すかさず次を狙うと同じ様なアタリ方が続く、強く合わせを入れるとすっぽ抜け。前半で遅い合わせでフグにさんざん針を取られた苦い経験がマイナスに作用。気を取り直して合わせを聞き合わせにしてみたら又ヒット。23:10、今度もほぼ同型の39㎝でした。

まだまだ食わせ方、合わせ方には研究の余地を残したものの、従来よりアタリの数が多かったので十分楽しめました。
写真 番外編では30㎝超のヒガンフグ等悪党の顔も載せておきました。

フォローする

コメント

  1. ヒスイ より:

    カニだと、前打ちでしか釣れないと思い込んでいました。
    ウキフカセでも釣れるんですね〜!
    今度採取して試してみようと思います。

TOP