低水温なのに食ってきた。

釣行データ

日 付 2016年 2月 4日(木)
天 気 晴 れ
若 潮
対象魚 黒 鯛
エ サ オキアミ 練り餌
釣 果 黒鯛2枚
サイズ 46.5cm 1.58kg
30cm
釣行時間 5:30-7:30
ヒット時間 7:00 7:30

釣行記

今日も早朝の釣行。水温がかなり下がってきて、出るかどうか分からないが釣行してみることにした。

北風は弱いが外気温は1度、かなり寒い。潮はスケスケ。
恐る恐る水温を測ると何と11.5度しか無い。これでは最初から出ないと確信した。

5:30から開始。最初はオキアミで様子見。
前回煩かったヒガンフグも出ない。アタリは皆無のまま明るくなってくる。

明るくなって練りエサを使いはじめる。
6:30頃、またウキがフワフワしている。誘ったがアタリは出なかった。

7:00、今日は低水温でボウスだなと考えていた。
白黄MIXダンゴで流していると、一目盛り抑えこんでサスペンド。これは?とアワセるとヒット。
今日はラインを巻き替えたばかりでリールのグリスアップの時にドラグを緩めて調整していなかった。
なのでドラグが物凄い唸る。すぐにドラグを調整してレバーを握り態勢を立て直す。
これは大きそうだ、重量感は半端ない。突っ込みをレバーでかわし寄せに入る。
タモ入れに苦労したが何とか成功。46.5cm 1.58kgの黒鯛をゲット。

まさかこの低水温で食ってくるとは思わなかった。
白黄MIXダンゴの威力、恐るべし。
ちなみに白を1枚に黄を1/3枚を練り合わせです。
エサは針が隠れる程度に小さく付けます。

続けるとヒガンフグが食ってきた。針を取られる。
そろそろ上がろうかなと思った7:30、今度はしっかりとアタリが出たがやはりサスペンド。
アワセてみるとヒット。小気味よく走り回る30cmのカイズをゲット。
掛かりが浅かったので即リリース。
そこで終了としました。

低水温で食ってくるとは本当に驚きでした。
やっぱり丁寧で繊細な釣りをすれば食ってくれますね。
帰りにエサの釣り王へ寄り検量して貰いました。
次回は50UPを持って行きたいです。(笑)

DSCN0800

フォローする

TOP