欲を出すと釣れないが無欲なら釣れてしまう。

釣行データ

日 付 2016年 5月 29日(日)
天 気 快 晴
小 潮
対象魚 黒 鯛
エ サ オキアミ サナギ 練り餌
釣 果 黒鯛1枚
サイズ 36.5cm 0.7kg
釣行時間 3:20-6:15
ヒット時間 5:15

釣行記

昨日はおっさん(杉本さん)が団子釣りで私は下見。
なんと私が見ている前でおっさんが44cmの見事な黒鯛をゲット。刺激されてしまい早朝の釣行。

さて、今日は日曜日、何処も混雑しそう&ライトを当てられそうだ。
だったら一人静かに出来る場所へ入ってみようと考えた。
黒鯛はどうせ出ないだろう、今日はエサ取りの状況を調べるための釣行で無欲だった。

3:00に到着、誰もいない。様子見すると潮はスケスケ、透明度抜群。水温は20.0度。
雰囲気は良いが干潮が3:51、でも潮位はそれ程低くはなかった。

最近、迷っている事がある。コマセの配合だ。
最近は湾チヌ・Bチヌ・ヌカを同じ量で釣りをしている。コマセは底に届いて釣果も出ているが、どうも濁りが底まで届いていないと感じた。
エサの釣り王で色々と見ているとTSURIMANの「チヌの舞ホワイト 3k」と言うのが目に入る。
説明を読むと低層のポイントを攻められる・夜釣りにも最適とある。
値段も安いので試しに買ってみた。今回はこれが5、同じ白系のBチヌ:ヌカが3:2で試してみた。
使ってみた感じ、とても良かった。底まで濁りが届いていると感じた。次回はこれとヌカで試してみることにする。

さて、開始は3:20。今日はオキアミを持参。暗い内はオキアミで流す。
一向にアタリは出ない。空が白けた頃からオキアミの頭だけが吸われている感じ。
クリームダンゴに変えるがアタリが出ない。

明るくなってきたが丁度今が干潮。オキアミでメバルが食ってきた。
海面には小サバが現れ、オキアミは沈む途中で小サバに持っていかれる。
コマセを近めに入れると30前後のアイゴも見える。

4:30からはクサフグが出始める。練りエサだと歯型が付いていたり掛かったり。サナギは丸残り。
フグもそんなには多くない。この時点でアイゴはまだ食ってこなかった。

5:00を過ぎるとフグが消えた。
5:15、クリームダンゴで流しているとウキがモゾモゾ・スコンと入るまで待ってヒット。
すぐに頭を振る引き、黒鯛と確信。結構突っ込まれる。レバーで交わし無事にゲット。
36.5cm 0.7kgの黒鯛をゲットしました。この前もそうだったけど無欲だと釣れちゃうのね。

次を狙うがもうエサ取りだらけ。サナギも持たなくなってくる。
6:15、練りエサでスコンとウキが入りヒット。
今度のは大きい、最初はそう感じた。しかし、引きが変。左右にむちゃくちゃ走る。寄せてきたらなんだアイゴ、お腹にスレ掛かりだったので引く訳だ。そこで終了としました。

今朝はボウズ覚悟していたけど取ることが出来ました。
やっぱり活性期は早く突入しましたね。大きいのはこれからに期待です。
しかし、何で無欲だと食ってくるのでしょうか。

写真の自作の非自立カヤウキ、今年は殆どこのウキで取っている。自分で作ったのでは最高の感度。また作りましょう。

DSCN0875

フォローする

TOP