コーンを試してみる。

釣行データ

日 付 2016年 9月 19日(月)
天 気 曇り一時雨
中 潮
対象魚 黒 鯛
エ サ サナギ 練り餌 コーン
釣 果 カイズ2枚 30cm 25cm
釣行時間 4:00-7:00
ヒット時間 6:15

釣行記

今朝はコーンを色々試すために釣行。私は普段はコーンを使わないので色々と実験してみる。
本当は明日の釣行にするつもりだったが、明日は大雨らしい、朝起きたら雨は大丈夫そうなので釣行を決めた。

今日は祝日で何処も混むか、まあ何処か入れれば良いかなと。最初の場所、誰もいない。ここで開始することにした。しかし、準備をしているとぞろぞろと釣り人が…イワシやアジ狙いみたい。

台風からのうねりは継続。潮はやや白濁、水温は25.4度だった。最初は無風だったが徐々に北風が強くなる。

4:00から開始。暗い内に期待するが全くアタリは出なかった。ゴンズイも出ない。明るくなってくるとエサ取りが出始める。5:20、サナギで流しているとスコンと入る。引きは軽く23cmのチンチンをゲット。即リリース。

エサ取りは勢いを増してくる。サナギが残らない。ここからコーンを試すことに。
まずはコーンを一粒だけ丁寧に針に付け、それをクリームダンゴ、または自作サナギダンゴで包む。
練りエサにアタックするアタリが出てウキはそのまま。回収するとコーンはそのまま残っている。何度やってもコーンは齧られもしない。

次はサナギと抱き合わせ。見事にサナギだけ無くなりコーンはそのまま。エサ取りはアイゴだと思うのだがアイゴはコーンを食わないのか?
またコーンは針に残っているので黒鯛が居れば食う筈。不思議で堪らない。やはりコーンは底を這わせないと反応しないのだろうか。

満潮の6:00を過ぎ、下げに入る。急にエサ取りが消えた。練りエサもコーンもサナギもそのままの状態で戻ってくる。これはサナギで出ると読む。
6:15、一旦食い上げ後にウキが入っていく。アワセてヒット。最初の抵抗は強い、なかなか元気で寄せるのに苦労した。無事にタモ入れ、30cmのカイズをゲット。35クラスかと思ったがちょっと残念。

次もサナギで流すと同じアタリで連続ヒット。最初は抵抗を見せたがすんなり寄ってきて25cmのカイズをゲット。
そして3連発ヒット。しかし引きが変だなぁと思ったら、案の定アイゴ30cm。

その後は再びエサ取り。コーンはまれに取られている感じ。
6:30頃、再びエサ取りが消える。これは黒鯛の気配だろうと集中するがアタリが出ない。誘ってもだめ。再びエサ取りが出始める。
コーンを使うが今度はコーンが取られてしまう。2個3個付けしても練りエサで包んでも秒殺状態。ハリスはガタガタにされ、針を取られる。エサ取りはクサフグでした。クサフグはコーンも食うんだね。これならエサ取りが何なのか判断できるかも。ただアイゴとクサフグが同居してるとどうにもなりませんが…。

7:00で終了としました。25cmは撮影後リリース、30cmは針を外す時に血が出てしまったので久しぶりにキープとしました。美味しく戴きます。

やっぱり私はコーン苦手かも。這わせる釣りなら良いんでしょうね。私は這わせるのは嫌いだから…大体、底に根や溝、ロープが横たわっていたりするので、這わせたら100%根掛かりするし…。

dscn0958

フォローする

TOP