半夜黒鯛狙い・食いが渋い。

釣行データ

日 付 2016年 9月 23日(金)
天 気 曇 り
小 潮
対象魚 黒 鯛
エ サ サナギ
釣 果 黒鯛1枚
サイズ 37.5cm 0.87kg
釣行時間 18:30-21:00
ヒット時間 19:50

釣行記

今日は半夜黒鯛狙い。今日は満潮が20:30と半夜には最適な潮。雨でも釣行するつもりだったが、雨はちょうど上がった。

場所は数ヶ所をピックアップ。野崎さんから聞いた場所も候補に入れておく。
最初の場所、釣り人一人、ライトを照らしながら釣りをしている。離れた場所だから大丈夫だろうと入ることにした。

状況は南西風、時折やや強い。潮は澄んでいて水温24.4度。やっぱり水温は下がっている。23度台を予想していたが、まあこれなら出るんじゃないかと読む。

18:30から開始。暗くなるのが早く、もう真っ暗。なのでエサ取りは静か。アイゴが出ないのが嬉しい。南西風で潮はいつも以上に早い、すぐに障害物まで行ってしまう。

18:50、障害物近くまで流れて誘うとウキがスコンと入る。最初は重量を感じたが軽くなってしまう。チンチンなのかゴンズイなのか分からない。アタリは結構ある。何故か誘うとアタリが出る。
黒鯛では無いようなふわふわしたアタリが出る、これはウキが入っても全く掛からない。待っているとエサを離してしまう。サナギは少し齧られた跡。

19:50、風が収まり少し潮が緩んできた。障害物近くて誘いを掛けて少し流した後、スコンと入りヒット。すぐにゴン・ゴンと力強い引き。すぐに良型の黒鯛と分かる。しかし掛けた所は障害物の真横。強引にそこから寄せる、すると何もない真沖へ走ってくれた。こうなればこっちのもの、電気ウキで動きを確認しながら寄せる。そして空気を吸わせた。この間は勿論無灯火。
タモを取ろうとした時に事件が。ちょうど後ろを通りかかった人が手助けしようと思ったのかライトを海面へ向ける。黒鯛は驚いて再び潜行し竿が伸される。切られると思ったよ、黒鯛はパワーを残していた。すぐにライトを消せと怒鳴り、再び寄せに入る。
もう一度空気を吸わせタモを取りタモ入れ一発成功。ふ~ヒヤヒヤした。37.5cm 0.87kgの久しぶりの良型黒鯛でした。ハリスはズタボロで黒鯛の唇の皮一枚に針掛かりでした。よく、最後の突っ込みでバレなかった。食いはやっぱり浅いのかも。

次も同じ場所でアタリ、竿に一瞬乗ったけど外れてしまった。チンチンかも知れない。その後はアタリが遠のく。
20:30の満潮を過ぎ下げに入る。20:50に再びアタリ、ただフワフワするばかり。待ってウキが浮いて来なくなってからアワセると掛かったが黒鯛じゃ無い。でかいゴンズイでした。やっぱりゴンズイのアタリが多かったようだ。
21:00で風が再び吹き始め、終了としました。

食いが渋くアタリも渋かったけれど取れて良かったです。
来週は海苔メジナの予定にしていたけど、黒鯛の調子が良ければ延期かな。あそこも行ってみたいし…。

dscn0965

フォローする

TOP