風と寒さと頭痛とフグ地獄に耐えて1枚。

釣行データ

日 付 2017年 3月 8日(水)
天 気 晴れのち曇り一時小雨
若 潮
対象魚 黒 鯛
エ サ オキアミ サナギ 練り餌
釣 果 黒鯛1枚
サイズ 37cm 0.85kg
釣行時間 14:40-18:50
ヒット時間 17:40

釣行記

今日は午前中病院で午後から釣行する事にした。今日は若潮で夕方の潮位が低い、荒れもなく潮も澄んでいるだろう。あとは水温がどの位下がっているか。

夕方の潮位が低いので場所を変えてみる。久しぶりの場所へ入る。満潮時フタヒロ程度の水深だが今日は夕方ヒトヒロ程度になるので最初からハリスを短くして狙うつもり。

到着すると空いていたので入る。荷物を持っていくと後から釣り人が。場所を見に来たらしい、隣に入っても良いですよと声をかけると、風が強いから他の場所に行きますとの事。内心、ホッと一安心だったりして。(笑)

状況は南西の風やや強い。潮は澄んでいて水温は14.4度。お~14度あれば一安心。風で潮は動いているようだった。

14:40から開始。コマセを入れてないのにエサ取り。まずはエサ取りの正体を掴まなくては。オキアミで続けているとクサフグが掛かり始める。ここからフグ地獄の始まりだった。練りエサでもサナギでもフグに食われる。自作サナギダンゴは多少持つのでサナギダンゴメインで攻める。クサフグは小さいのばかりでなかなか針掛かりしない。それでも薄暗くなるまで30匹以上は釣った。

今日は日没過ぎないとダメかなと予想。相変わらずのフグ地獄にうんざり。長い時間風に当たっていたせいか頭痛してくる。16:00頃から風がコロコロ変わり、小雨も。北風強風になると寒さが厳しい。今日は使い捨てカイロ持ってこなかった。車に常備しておくべくだね。今日はギブアップして帰ろうかとも思ったが耐えた。

16:40、日没になった。そろそろ出ないか。潮位が下げてきて潮が早くなった。ここでふと思う。もしかしてコマセが溜まっている潮下に黒鯛が入っていないか?と。潮下に直接仕掛けを入れる。エサはクリームダンゴで流すとモゾモゾ・ツンツン。なんだまたフグが悪戯してやがる。ちょっと誘ってやった。するとウキが全て入りサスペンド。またフグだろうとアワセたらガツンと来た。首を振る引きを感じ黒鯛と確信。ここは何もない所なので余裕でやり取り。タモが後ろの方で取りに行った時に突っ込まれてちょっとヒヤッとした。無事にタモ入れ、37cm 0.85kgの乗っ込み黒鯛をゲット。私の読みが的中しちゃった。よし、これならまだ出るぞと読む。(これは外れる。)

次もツンツンしてウキが入る。アワセたらクサフグでガックリ。次は同じアタリでヒガンフグ。徐々に暗くなって完全にフグは消えた。黒鯛来るだろうと集中するがアタリがない。試しにオキアミで流すと海タナゴの入れ食い。寒さも増して頭痛も酷い。

18:30、帰ろうかと思ったが、微妙なモゾモゾアタリが出始める。もうちょっと継続。しかしウキを持っていくことはない、アワセても掛からない。18:50まで粘ってアタリが遠のいたので終了としました。

今日は風と寒さと頭痛とフグ地獄に耐えて1枚貰えました。条件が悪かっただけに嬉しい1枚です。帰ってお風呂に入ったら頭痛は治まりました。あ~良かった。

DSCN1107

フォローする

TOP