何で小さいのばかりかな。

釣行データ

日 付 2017年 3月 15日(水)
天 気 曇りのち晴れ
中 潮
対象魚 黒 鯛
エ サ オキアミ サナギ 練り餌
釣 果 カイズ 31cm
釣行時間 15:00-18:50
ヒット時間 17:20

釣行記

今日は北風強風。荒れは無いけど釣行する事にした。私は冷たい風に当たっていると先日のように頭痛がしてくる。今日は風が直接当たらない所に入ることにした。

到着すると誰もいない。何処に入ろうか迷っていると声を掛けられる。3日前に50cmが上がったらしい。では、その人が言っていた場所へ入る。このポイントはちょっと久しぶり。風は背後~横なので問題ないだろう。

状況は北東の強風、山の方はゴーゴー唸ってる。見ていると潮は風に押されて早い流れ。潮はスケスケ底丸見え。水温は13.6度、予想通り。

15:00から開始。すぐにクサフグが出始める。サナギならエサが持つがこの水温でサナギを食ってくれるだろうか?練りエサとオキアミを時々使いながら状況を見る。17:00からクサフグが静かになってきた。けれどオキアミは全く持たない、クリームダンゴで粘る。

17:20、黒鯛らしきアタリが数回、だけど食い込まない。待って待ってやっと消し込むアタリ、アワセてヒット。最初はガツンときた、結構突っ込む。ここは何もない場所、引きを楽しみながら寄せる。引きから40はあるだろうと思ったが、タモ入れしたら小さくなってしまった。31cmのカイズをゲット。取り敢えずキープ。

ボウズは免れ一安心、あとは大きいのを狙うだけ。しかし、またクサフグにヒガンフグが掛かる。暗くなってくると完全にフグは消えた。18:00、かなり流した所でモゾモゾ、全く消し込まない。我慢できずにアワセたらヒット、しかしこれは小さい23cmのチンチンだった。何でこの時期にこのサイズ、トホホ。

その後は全くアタリはなくなり、オキアミに変えても海タナゴばかり。18:50で終了。カイズは元気だったので撮影後リリースとしました。

何で私には小さいのばかりなんだろう。まあ小さいのを拾って行くうちに大きいのが来るでしょう。サイズよりも掛けていることが重要ですね。ちなみに今年25cm以上は18枚、昨年の12月からだと30枚掛けてます。数は出てるんですけど大型に見放されてます。腐らずに頑張ります。

DSCN1110

フォローする

TOP