早朝黒鯛狙い、状況を探るための釣行。

釣行データ

日 付 2017年 5月 11日(木)
天 気 晴 れ
大 潮
対象魚 黒 鯛
エ サ オキアミ 練り餌
釣 果 な し
釣行時間 3:15-6:00

釣行記

今朝は黒鯛狙いに釣行。今日は黒鯛の状況を探る以外にも目的がある。アイゴが周ってきているかどうか、エサ取りの活性がどうか、半夜が出来るかどうか、そして黒鯛が見え始める頃だが見えるかどうかを確かめる為の釣行。

3:00に到着。丁度帰っていく人がいる。私の好きな場所へ入る事にした。ここは今年初めて攻める場所。
状況は夜光虫が多い。鎌倉で赤潮発生でメディアが大騒ぎしていたが、あれはすべて夜光虫によるもの。あの程度でメディアはちょっと騒ぎ過ぎ、風評被害でGW最後の2日間は海はガラガラだった。騒ぐなら東京湾内のクロロフィル値上昇の赤潮で騒ぐべきではないか。
話が逸れたが、潮は黒っぽい薄濁りで赤くはない、淀んでいる感じ。流れ藻が多くトロロコンブの海状態。水温は18.0度だった。

3:15から開始。まずはオキアミで様子見。コマセを入れてないのにオキアミが取られる。コマセを入れ始めるとツンツンとアタリ、だが消し込まない・アワセても掛からない。
明るくなるのが早くなって4:00前には空が白けてくる。その頃はアタリが途絶える。

明るくなってきてクリームダンゴを使うが全くアタリはない、エサはそのまま残ってくる。
オキアミに変更してみると、再びツンツンとアタリ、やっぱり消し込まない。待っているとやっとウキが入ったが掛からなかった。

5:30、暑くなってきた。オキアミでタナを調整して続けると何かがヒット。小イワシかと思ったら10cm程度のサバっ子。サバっ子はまだ少ない感じだけどこれから多くなるかもね。

5:45、最後の15分は海苔メジナ狙い。昨年はここでもコッパが釣れたのだがやはりメジナの姿は見えない、アタリ無く6:00で終了としました。

黒鯛が見えるかどうか確認したが見えなかった。何時もはかなり入っているネンブツダイも姿が見えない。後ろで待っている猫にあげたかったが釣れない、サバっ子だけあげた。アイゴはまだ入っていないようだった。

全般に魚の入りが遅れているのだろうか。昨日は坂井さんが連荘釣行で38cmのメジナを上げたとの事。やっぱり狙うとしたら海苔メジナかな。半夜黒鯛狙いはまだ早い感じがした。来週は地磯で海苔メジナ狙いしてみたい。そろそろ大時化(メイストーム)来ないだろうか…。

フォローする

コメント

  1. うさぎ より:

    今年は本当にメジナ遅れてますね
    昨年の4月半ばに撮った写真からメジナが続いていたので
    暖かくになるにつれ期待していたんですけど、今年はまだ全然ダメです。
    GW明けは、ゴミが多くて虫とのやり取りのほうが多いくらいです(笑)

  2. 沢村 より:

    うさぎさん、コメントどうもです。
    やはり全般的にメジナ低調ですか。ちょっと原因が掴めませんね。
    そろそろサバっ子などのエサ取りも多くなりますので、サナギで黒鯛狙いの季節になります。試してみてください。

TOP