地磯で黒鯛狙い、気配なし&ブヨに刺された。

釣行データ

日 付 2017年 6月 15日(木)
天 気 薄曇り
中 潮
対象魚 黒 鯛
エ サ オキアミ サナギ 練り餌
釣 果 な し
釣行時間 3:00-5:40

釣行記

半夜狙いにしようか早朝狙いにしようか迷ったが、半夜は釣り人多いので早朝の黒鯛狙いに釣行する事にした。場所は春に取れなかった地磯に決定。
この地磯は7月からは黒鯛の実績があるが、出るかどうかやってみたかった。

到着して状況を見る。潮は澄んでいる。水温は19.9度、うねりが少しありざわついている。雰囲気は良い。潮は動いていそうだ。

3:00から開始。まずはオキアミで様子見。スマホでタイドグラフをチェックしていたらウキが沈んでいた、アワセたが掛からない。20分後、オキアミで何かがヒット。15cm程度のドンコだった。
その10分後もヒット。今度はちょっと引く、コッパメジナだろうと抜き上げたが何か違う。月明かりで見るとイサキっぽい。ライトで確認すると釣った事の無い魚、よくよく見るとカンダイの幼魚のようだった。25cmくらいはある。食べようか迷ったがリリースしてあげた。

ふと右足のスネ付近が痒くなる。これはブヨの痒さ。2カ所、膝下も刺されたみたい。
ブーツを履いているのにブーツ口から入りズボンの裾から侵入したみたい。
例年、ズボンの裾は靴下をかぶせて防御していたが完全に忘れていた。
よく刺される指はビニール手袋で防御しているんだけど、全く油断も隙きもあったもんじゃないね。痒さは1時間続き腫れ上がっている。その内右足全体が痺れてくる。帰りに躓き転びそうになってしまった。

徐々に明るくなってくるとオキアミが秒殺状態に。サナギや練りエサに変える。しかし時折フグに齧られる程度で全く黒鯛の気配はなかった。
そして5:30に終了のノロシ、正面沖にカゴ網が入っていて、上げて再び入れる。そっと入れてくれれば良いのに、放り投げるんだもんな。そこで終了としました。

この地磯では小サバやアイゴは入ってきていないようだった、ちょっと奥まっているからでしょうか。でも、入ってくるのは時間の問題でしょうね。
まだ黒鯛は入ってきていないようだった。でも、この夏はここをメインに攻めてみようと思っている。早朝ならライトを当てられることも無いしね。

フォローする

TOP