半夜釣行は撤収、早朝釣行へ切り替え。

釣行データ

日 付 2017年 8月 22日(火)
天 気 曇|晴
大 潮
対象魚 黒 鯛
エ サ オキアミ サナギ 練り餌
釣 果 黒鯛2枚
サイズ 31cm 39cm 0.91kg
釣行時間 2:40-5:15
ヒット時間 4:10 4:30

釣行記

昨日は18:40から半夜黒鯛狙い。若者が大勢で騒いでいたのだが、19:00頃から花火を始める。最近の花火は破裂音が物凄い、それが不意にやられるもんだから驚いてしまう、しかも花火はこちらに向けているので私の真上で破裂するもんだからやってられない。その内、真っ暗な中泳ぎ始めた。近寄ってくるのでもう駄目、撤収を決断。
ここでどうしようか考える。もう潮位は下がり始めている。これから移動しても厳しいと判断、早朝半夜へ切り替えることにした。


早く目が覚めたのでそのまま行ってしまう。状況は南風そよそよ、磯の方からは波の音が聞こえる。潮は僅かな濁り、水温は26.4度だった。今日は満潮が4:20頃、時合は前後に来るだろうと予測。

2:40から開始。まずはオキアミで様子見。フグも居ないようでオキアミが残ってくる。時折、ツンツンとアタリが出るが掛からない。徐々にオキアミが持たなくなってくる。サナギはほぼ無傷で戻ってくる。

4:00を過ぎるとクサフグが出始める。やっと消し込んだと思ったら大きなクサフグ。その直後からオキアミが残り始める。フグが消えたようだ。4:10オキアミで流しているといきなり消し込んでヒット。エサはオキアミなのでメジナなのかカイズなのか?結構走り回ってタモ入れ、ライトを当ててみたら31cmのカイズだった。ボウズ回避して一安心。

満潮頃は再びクサフグが出る。サナギにチェンジして粘る。一度サナギが無傷で戻ってきた。またフグが消えたのか。空が白けてきた4:30、サナギでモゾモゾ、そして消し込んでヒット。おっちょっとは大きいか、頭を振るゴンゴンもある。しかしよく走る、慎重に寄せてきてタモ入れも決まる。サイズアップの39cm 0.91kgをゲット。40には届かなかったが、2枚出たのだから十分だ。

再びフグが出始める。サナギで粘っていると消し込んでヒット。おっまた黒鯛か、でも引きがちょっと変、やっぱり茶色いアイゴ35cm。その後もアイゴ連続ヒット。黒鯛2枚取って満足したので5:15で終了としました。

これで2回連続ゲット出来ました。調子が上がってきたかな。また次も楽しみになりました。
時間があるので帰りに黒鯛が見える場所を下見、黒鯛は居るけど小さい&1匹だけ。他の場所も見て回るとあんな浅い所に黒鯛が見える、見えるのはやはり小さく1匹だけ、今後、もっと良くなるかも知れませんね。

フォローする

コメント

  1. うさぎ より:

    またまた本命おめでとうございます!
    私の方はもうだいぶ釣れていません(笑)
    浅場はどれくらいの水深から釣りになると考えていますか?
    一か所よさそうなところを発見して何度か下見もしたんですけど
    何度か泳いでいるのも見かけて期待値はあるとおもうんですけど干潮時の水深が
    膝くらいまでしかないんですよね さすがに厳しいでしょうか

    • 沢村 より:

      うさぎさん、ありがとうございます。
      干潮時で膝は厳しいですね。満潮時なら出来るかも知れません。
      浅場はヒトヒロは欲しいです。私はエサを底から数センチ浮かして釣るので…浅くてどうしようもない時は円錐ウキを道糸直結、ハリス矢引きです。

TOP