海苔メジナ狙い、高活性のち超低活性。

釣行データ

日 付 2018年 5月 12日(土)
天 気 晴れ時々曇り
中 潮
対象魚 メジナ
エ サ 海 苔
釣 果 25cm
釣行時間 14:50-18:20

釣行記

昨日の海苔も残っているし、今日も夕方からの海苔メジナ狙いに釣行。今日は土曜日で混んでいるだろうと予想、近場のお気楽な場所でも何処でも良いやと考える。

最初の場所に到着すると、あれれ誰も居ない。メイン場所も空いている。どうしようか考え、折角空いているんだからメイン場所まで行ってみようと考えた。徒歩で向かう。

状況は南西やや強い、潮はやや澄んでいる。水温は18.5度と状況は良さそう。今日のコマセは以前に買っておいて使わなかったり余っていたメジナ用配合エサを全部使ってみる。グレパンとグレパワーV10、白い濁りが継続してヌカより良さそうだった。でも匂いはやっぱりのりグレが良い。

満潮前の14:50から開始。潮はゆっくり左へ流れる。この流れは釣りやすい。反応が出たのは数投後、一気にウキが消し込んだが掛からない。海苔が針に残っているからコッパかな。

やがてコマセにメジナが見える、上層には海タナゴ、その下は茶色いっぽい魚、20cm程度のアイゴだろうか、その下に手のひらメジナ、その下に25cmを超えるサイズのメジナが乱舞。アタリも頻繁に出るがウキを持っていかない、待っていると浮いてしまう。

30分後にようやくコッパ20cm。この頃から海苔はあっという間に取られてしまう。凄い高活性。この活性が続けば必ず出るだろうと続ける。15:40、やっと掛ける。しかし小さい、サイズはギリギリ25cm。まだ出るだろうと写真も撮らずリリース。

潮が下げ始めて16:00から流れが変わる。右に流れながら沖に流れてしまう。16:10に再び掛けるが、いつもの針外れ。サイズは小さい。

やがて潮が早くなってしまう。あっという間に右沖へ流される。右へ際沿いに動く分には釣りやすいんだけど、沖に流れるとポイントから外れるし、コマセも沖へ流れてしまう。コマセと仕掛けの同調なんて出来たもんじゃない。潮が早くなってからは超低活性へ。仕掛けを入れるポイントを変えたり色々やってみるがアタリ無し。メジナの乱舞も見えなくなってしまった。

潮が右沖へ流れる1時間半の間、アタリは出なかった。18:00前から真横に動く右流れへ変化。ようやくアタリが出るがコッパみたいで浮いてきてしまう。アタリは数回出ただけ。その後はまたアタリ無し。18:20で終了することにした。

前半の高活性は例年の活性だった、あれが続けば30も出たんじゃないかと思うが、潮が早くなった途端にパタッと気配がなくなる。やっぱりこの場所は私には難しいな。でも、前半はアタリが多くて楽しめた。

さて、来週も海苔メジナ狙いを予定していたけどどうしようかな。諦めて半夜で黒鯛・メジナ狙いに切り替えようか。でも半夜黒鯛もそう簡単には出ないよね。しばらくは釣果なしが続くかも。

フォローする

コメント

  1. うさぎ より:

    最近釣りに行けず仕事の鬱憤がたまっています!(笑)
    この間の母の日に母が三崎のマグロを食べたいと言い出したので連れて行ったのですが
    その帰りに城ケ島大橋のところの港に泊まっている大きな船の回りを見たんですけど
    水族館でいうところのイワシの大群みたいな量のアイゴが湧いていました 去年初めてみたわたしからすると今年のは去年より量が各段に多いような気がしました これから数年後大変そうですね! 

    • 沢村 より:

      アイゴの大群が居ましたか、これから厄介ですね。
      三浦東側でもポツポツとアイゴが出ているようです。
      もう半夜しか手がないかな。あとは超浅場かな。
      渚はアイゴが出ないか気になっています。6月になったら渚を攻めてみようと思います。

TOP