早朝黒鯛狙い、高水温でチンチン3のみ&アイゴが恋しい。

釣行データ

日 付 2018年 8月 27日(月)
天 気 快 晴
大 潮
対象魚 黒 鯛
エ サ サナギ 練り餌
釣 果 20-23cmチンチンx3
釣行時間 2:50-5:10

釣行記

残暑厳しく、猛暑が続く。昨日の三浦は34度を超えたようだ。台風が通過後、吹き返しの南西強風で釣行は控えていた、そこにこの暑さ。今朝も気温は27-28度ある。

今朝は場所を変えて狙う。最近釣り人が多くなり、フグだらけで悩んでいたので、あまりフカセの人が入らない場所を選択。昨年も9月からはここでカイズの入れ食いを楽しんだ場所。

状況は北風弱い、うねりは極弱く、薄濁り。さて、問題の海水温。まずはコマセ用に水を汲むと温い。もう一度、水温測定用に水を汲む。さて、何度だ。海水温は29.5度、予想より高いや。多分、昨日の夕方には30度はあったかも。帰りに計測するとやや下がって29.2度だった。
今日は月夜で明るい、まるで月が太陽のように熱く感じる。明るいからフグがうるさいかも知れない。

2:50から開始。最初はフグが出ない。練りエサに変えても無傷で戻ってくる。やっぱりコマセの入っていない場所は暗い時間帯はフグが静か。のんびり出来る。

30分後、サナギで流しているとモゾモゾ、ゆっくりと入っていきヒット。抵抗したけどすんなり上がって来た。抜き上げてゲット。25はあると思ったけど23cmだった。即リリースして続ける。

次もモゾモゾするがウキが入っていかなかった。食いが渋いと判断してクリームダンゴに変えると即ヒット。先程より小さい、20cmのチンチンをゲット。即リリース。

4:00、空がちょっと明るい。するとクサフグが湧き始める。針を取られたりハリスをガタガタにされたり。ここで自作練りエサを使い始める。これなら多少は持つ。
ここで急にフグが消える。練りエサは残ったまま。大きい黒鯛が入ってきたのだろうか?サナギで続けるとアタリ、消し込みを待ってヒット。しかしこれも小さい。抜き上げて23cmのチンチンをゲット。

フグは現金なものでチンチン釣った後は猛攻してくる。チンチンでもフグが消えるんだね。今日はヒガンフグではなくてクサフグだからかも知れない。徐々に明るくなってきてフグの勢いは増すばかり。自作練りエサがなくなり、最後に針を取られた所で終了としました。

昨年の今頃のこの場所はアイゴが必ず出ていたのに、やっぱりアイゴが少ないor居ないですね。ちょっと贅沢な話だけど、アイゴはそれなりに居た方がフグが静かで良いみたい。
あれほど嫌がっていたアイゴだけど、増えないかなぁと思ってしまう。アイゴが恋しい(笑)

暗い時間帯に小さいながら3枚、しかもサナギで出たので良しとした・・・・が、帰り際に浅瀬を覗いたら黒鯛ウジャウジャ居るじゃん。試しに練りエサとサナギを落としてみたけど見向きもしない。ただ回遊しているだけで、コマセを入れると散ってしまう有様。やっぱり高水温で食い気が落ちているんだな。水温が下がれば見えている黒鯛も口を使い始めると思います。

次回はまだ予定を立てていないけど、初めての場所を攻めてみようかな。あそこもウジャウジャ見えるんだよね。

フォローする

コメント

  1. うさぎ より:

    先日私も久々に釣行できました!
    結果はチンチン2枚で終わりました。
    ヒットエサはエサ屋さんでエサ取りに強いと言われて買ってみた丸エビでした。
    今まではチンチンですら釣れなかった腕前なので楽しい釣行になりました。
    帰りに例の場所を通るので毎回下見してから帰るのですが
    いましたよ 最初コイかと見間違うくらい大きいやつが!
    あんなに大きくなるまで居ついて釣られないっていう事は相当食わないんでしょうか(笑)
    見てるだけでウズウズしちゃいます

    • 沢村 より:

      丸エビですか、私は一回使ったことがあるくらいです。
      チンチンが釣れていればその内大きいのも来ますよ。
      最近、何処でも黒鯛見えますよ。あっちにウジャウジャ、こっちもウジャウジャ、でも釣れない。苛立ちますね。
      見える黒鯛も牡蠣殻を齧ったりしていれば食う可能性ありますよ。ジッと動かなかったりグルグル周っているだけのは食わないです。
      釣り場周辺にも船の下やロープに見える筈ですから、よく観察してみてください。

TOP