竿先の際狙いで45.5cm 1.6kgをゲット

釣行データ

日 付 2018年 10月 18日(木)
天 気 晴 れ
小 潮
対象魚 黒 鯛
エ サ オキアミ サナギ 練り餌
釣 果 黒鯛1枚
サイズ 45.5cm 1.6kg
釣行時間 15:00-18:00
ヒット時間 16:20

釣行記

今日も夕マズメ狙い、単独の釣行。今日はメジナは狙わず黒鯛狙いのみとした。水温は安定しているが、出るだろうか?

到着すると釣り人一人、ワームのような物を投げている。その内、何処かに移動していった。いつものポイントへ入る。状況は北東の風、やや強い。潮は前回より綺麗な潮、スケスケ状態。水温は21.9度と安定している。

15:00から開始。ポイントはちょい沖から際の竿先まで。沖から手前まで誘ってくる。まずはオキアミで様子見。エサ取りが居るようでアタリなく取られてしまう。練りエサも何かが齧った跡が付く。エサ取りはフグでは無さそう、海タナゴかメジナだろうか、何だか分からない。

際に入れたコマセにコッパメジナが反応し始める。前回よりも数もサイズも良い。底の方では大きめのメジナも見える。海苔メジナをやりたい所だが海苔は持参してこなかった。試しに練りエサでやるとコッパに取られてしまう。数回やってまたちょい沖の黒鯛狙いへ。

潮はゆっくりだが動いていて雰囲気はいい。16:20、竿先の際が気になり仕掛けを入れてみる。エサはクリームダンゴのノーマルタイプ。モゾモゾしたが食い込まない。ここで誘いを入れながら更に手前へ仕掛けを誘導。するとモゾモゾしながら入り、ツンというアタリでアワセるとヒット。すぐに首を振る引き、黒鯛と確信。ここでいきなりの突進、船の下へ入り込む。ドラグは緩めにしていたので切られずに済んだ。レバーへ切り替え対戦開始。まずは船下からやや強引に引っ張り出す。かなり大きいぞ。今度は真沖へ突っ込むがそこは何もないので慎重にやり取り。途中で暴れまくり。やっとタモ入れして黒鯛をゲット。サイズは45.5cm 1.6kgのコンディションの良い綺麗な黒鯛でした。

その後はアタリが途絶える。薄暗くなって掛かったのは小さなヒガンフグ、暗くなってゴンズイ。暗くなるとメジナも消えてアタリは出なくなる。オキアミは残りっぱなし。やはりこの場所は半夜は不向きかも。18:00で終了としました。

水温が下がっても安定してくれば食いますね。黒鯛は食い気が出始めたようでお腹が膨らんでました。そして押し麦の糞をしました。もしかして先日の大魔人さんの掛けたエイは大型黒鯛だったかも?

黒鯛を捌いて消化器官を見ましたが、肛門近くに押し麦、胃にサナギ片と押し麦、またカニや貝類を大量に食ってました。落とし込みも出来るかも。やっと食い気が出てきたみたい。これからも楽しみです。

フォローする

TOP