見える黒鯛、食い気無し。

釣行データ

日 付 2019年 6月 4日(火)
天 気 快 晴
大 潮
対象魚 黒 鯛
エ サ オキアミ サナギ 練り餌
釣 果 な し
釣行時間 1:50-4:30

釣行記

昨晩は半夜狙いに釣行。しかし刺し網が入っていたり、南東の風が強かったり、釣り人が多かったりで移動を繰り返す。最終的に今朝の釣行へ切り替えた。

今朝は最近、黒鯛が見え始めた場所を選択。何時も半夜やっている場所。早朝半夜狙いで釣行することにした。状況は無風、薄濁り、水温は21.4度。海面でピチャピチャ跳ねているので小サバかと思ったがイワシ系だった。

1:50から開始する。潮は何時もと同じ手前流れ。竿先まで来たら回収する。オキアミで始めるが丸残り、やっとアタリが出たらシロギスだった。

2:30頃からアタリが出始める。消し込むが全く掛からない。黒鯛ではなくエサ取りか?正体を掴むために練りエサに変えるが齧られている。3:00ようやくエサ取り判明、大きなクサフグが掛かってきた。その後もポツポツとクサフグが掛かる。暗い時間帯はクサフグの活性は低く、サナギは丸残りだった。

3:30、もう東の空がボンヤリしてきた。するとクサフグの勢いが増してくる。サナギも持たなくなり自作サナギダンゴを使う、これならエサ持ちは良い。荒食いブラウンも使ってみたが、フグの餌食だった。

4:00、明るくなってくる。フグは更に活性が高くなる。4:30、自作サナギダンゴでゆっくりとウキが入っていく。アワセるとヒット。最初は黒鯛かと思ったが、すぐに竿叩き、アイゴとわかる。タモ入れすると35弱のアイゴをゲット。アイゴが出始め、今日はここで終了としました。

帰りに周囲を見ると30-40クラスの黒鯛が群れで優雅に泳いでいる。ただ回遊しているだけで食い気はない様子だった。帰りに他の場所も下見に寄ったが、やはり黒鯛は見えていました。食い気は薄そうです。この先、梅雨に入って一荒れすれば口を使い始めると思います。

フォローする

TOP