大型黒鯛バラシ、なんとかボウズは回避。

釣行データ

日 付 2019年 7月 22日(月)
天 気 曇 り
中 潮
対象魚 黒 鯛
エ サ オキアミ サナギ 練り餌
釣 果 カイズ 31cm
釣行時間 3:30-6:30
ヒット時間 6:10

釣行記

昨晩の半夜に地磯へ釣行予定だったが、体調優れずキャンセル。今朝は起きてみての体調で釣行を判断することにした。
早朝に目が覚め、釣行できると判断。今日もいつもの場所へ向かう。

状況はほぼ無風、澄み潮。水温は24.2度と上がっている。うねりは無くなっている。

3:30から開始。まずはオキアミで。コマセを入れずに流すとアタリ、掛かったのは小さいシロギス。チヌ針3号でよく掛かった。コマセを入れ始めるが、オキアミだとシロギスばかり、15cm程度のシロギスも掛かった。投げ釣りしたら相当釣れそう。練りエサやサナギに変更。

コマセが効き始めるとクサフグが湧いてしまった。練りエサは秒殺、サナギも残らない。黒鯛が入ってくればフグは消えるはずなのでサナギで我慢していた。

徐々に明るくなってきたがクサフグは消えない。所が5:00頃からパッタリと消えた。サナギや練りエサは無傷で戻る。5:10、クリームダンゴで粘っているとウキが押さえ込まれている。そこからツンと入りアワセてヒット。最初は根掛かりかと思う重量感。だけど生体反応あり、大きくゴンゴンと首振り、そして重量感たっぷりの突っ込み。黒鯛と確信。黒鯛は物凄い走り、何度もレバーでラインを出される。その内、ロープ際へ走り始めた。ヤバイ、ちょっと強引に寄せる。すると次の突っ込みで軽くなってしまった。針ハズレかと思ったがハリスが切られていた。50は確実に超えていた感じだった。物凄く悔しい。チモトから切れていてフグに噛まれて傷ついていたのだろうか。もっと気を使うべきだった。

気を取り直し続けるが、もうフグが出ている。サナギはボロボロにされるが針に残るので続ける。6:00、またフグが消えた。クリームダンゴでヒットしたけど最初から引きが変と感じる。姿を見せたのは丸々太った巨ボラ、凄い走りで上がってこない。途中でロープに接触しハリスが切れた。

ボラで疲れ果て、もう掛けたくない。サナギならボラは食わないだろうと続けるとフグは消えたまま。6:10、サナギで明確なアタリ。アワセが遅れたが掛かっていた。慎重に寄せる。今度は走らない。タモ入れしてカイズをゲット。サイズは31cmでした。撮影後リリースです。良かったボウズは回避できた。

よしもう一枚と続けるが、またしてもフグが湧く。その後はフグが消えること無く6:30まで粘って終了としました。

いやぁ、久しぶりの大型黒鯛バラシ・ハリス切れをやっちゃいました。ちょっとチモトが傷んでいたのは分かっていたんですよね。取れた黒鯛なのに自分のミスです。情けない。
でも、カイズでもボウズ回避できたのは良かったです。

次回は場所を変えて狙おうと思ってますが、どうしようかな。もう一度、食わないかな。ちょっと迷いましょう。

フォローする

TOP