リベンジ成功、48.5cmゲット。

釣行データ

日 付 2019年 7月 29日(月)
天 気 曇り時々晴れ
中 潮
対象魚 黒 鯛
エ サ サナギ 練りエサ
釣 果 黒鯛1枚
サイズ 48.5cm 1.62kg
釣行時間 3:20-5:30
ヒット時間 4:00

釣行記

自作練りエサ・サナギバージョンを2タイプ作成してみた。強力粉を使ったけど粘り気が全く違う。今朝はフグの多い場所で実験釣行を兼ねる。

前回バラした場所へ到着すると南西風がちょっと吹いている。問題ないと判断して入る事にした。

状況は南西~西の風徐々に弱まる。うねりは少しだけ、濁りは結構残っている。水温を計測すると27.8度まで上昇。また吹き寄せられたのだろうか。今日は風が弱くて暑い、多分気温は26度以上。長くは続けられないと判断。

3:20から開始。最初からサナギを使う。潮は右手前へ早い流れ。コマセは正面のみに入れ、右へ流す。最初はフグが居ないようでサナギが残る。3:30頃だった、サナギで消し込みアタリ、だが掛からない。クリームダンゴに変更してみるとまたもや同じアタリ、今度は待ってみたが浮いてきてしまった。アタリは黒鯛っぽかったけど、直後からフグが出始めたのでフグだと思った。

フグは徐々に勢いを増してくる。まだ暗いけど新しい自作練りエサを使う。これなら20秒程度はウキに乗っている。粘り気があるので針に芯残りしてアタリは明確&フグがよく掛かる。

4:00前、サナギが突然残る。サナギで続けるけどアタリは出ない。ここでクリームダンゴにパン粉を加えて固くしたややハードタイプを使う。モゾモゾしてウキが入る。30分前と同じ感じのアタリでウキは浮いてこない。アワセると乗った。最初は重いだけで抵抗は感じない。大ダコでも掛けたのか?と思ったらゴンゴン首振り、黒鯛と確信。それからは目の醒めるような突進、右の浅根方向へ走る。そっちはヤバイ、切られる。何とか走りを止めて寄せ始める。手前でもう一突っ込み、大暴れ。危なく竿が伸される所だった。無事にタモ入れゲット。48.5cm 1.62kgの黒鯛をゲットしました。今回はバラさずに取れました、リベンジ成功です。

続けるともうフグの猛攻。フグの底なし沼状態。新しい自作練りエサは良くアタリが出て良くフグが掛かる。パン粉ありとパン粉なしで作ったけどパン粉はあったほうが良さそうだった。フグの猛攻でハリスは痛み、交換するがすぐにハリスはガタガタにされてしまう。ちょっと柔らかすぎたので強力小麦粉を増やしたら良いかもと判断、また改良する。

4:45、自作練りエサで流していたらウキが入り浮いてこない。アワセるとヒット。すぐにカイズと分かる引き、30程度だろうか姿が見えた所で針ハズレでバラシ。このサイズならリリースするしまあいいや。それよりも自作練りエサで食ってくれたことが嬉しい。

クサフグの底なし沼状態は続き、自作練りエサも秒殺状態に。5:30で暑くなってきたので終了としました。今朝は50には届かなかったけれどゲットできて良かったです。ここはこの夏に初めて攻める場所だけど、夏のHGとなりそうです。次回はハリス切れでバラした場所へリベンジでしょうか。

自作練りエサ・サナギバージョンの作り方・レシピは後日また書きます。
今回は強力粉を使いましたが、クリームダンゴも強力粉でハードタイプに加工したら良いかも知れないね。色々やってみましょう。

フォローする

TOP