今朝も小さい22-24cm3枚+アイゴ2発。

釣行データ

日 付 2019年 10月 17日(木)
天 気 曇 り
中 潮
対象魚 黒 鯛
エ サ オキアミ サナギ 練りエサ
釣 果 な し
釣行時間 3:10-5:30

釣行記

台風通過後はちょっと体調を崩し、また雨もあって釣行できなかった。今朝は体調まあまあ、小さくても癒やされればと釣行を決める。

状況はベタ凪、北風ちょっと吹く。潮は澄み潮、月明かりでも底が見える状態。水温は22.5度、もっと下がっていると予想した。これではかなり厳しそう。満潮が6:30過ぎなので上げ潮を狙う。

3:10から開始。まずはコマセを入れずにオキアミで様子見。するとモゾモゾアタリ。回収するとオキアミは無くなっている。コマセを入れ始め、もう一度オキアミで流す。再びモゾモゾのみでオキアミが取られる。エサ取りは何だろう、クリームダンゴで流してみるとモゾモゾして消し込みヒット。重いだけだったからヒガンフグだと思っていた。際で暴れる。抜き上げたら22cmのチンチンだった。開始3投目で食ってきた、多分そこに居たんだね。

サナギで狙うが何度かモゾモゾが出ただけ。3:30からはアタリが途絶える。3:50から再びモゾモゾアタリ。サナギで待って待ってようやくヒット。今度は25あるか?結構抵抗はある。抜き上げてサイズを測ると、う~ん24cm。

アタリは継続し、4:00に再びサナギでヒット。今度は良く引く、30はありそうな感じ。タモ入れする。しかし、タモの中には33cm程度のアイゴが…。トホホ、暗い時間帯なのにアイゴが食ってきやがった。今日は月夜で雲はあるがぼんやり明るいからかな。

再びアタリはなくなり、サナギは残ってくる。4:30頃からアタリ連発。もうアイゴなのかチンチンなのかアタリが分からない。4:50にボーッとしてたらサナギで引っ手繰るアタリ。これも25あるか微妙。抜き上げて計測すると24cmでした。

徐々に空が明るくなってくる。そろそろアイゴが煩くなりそう。アイゴを交わすためコマセの入っていないポイントを攻めたりしたが、サナギは秒殺状態へ。5:30、最後に自作サナギダンゴで試してみる事に。すると消し込んでヒット。これも最初は黒鯛だと思った。かなり強い引き。首を振っている感じもあった。しかし姿を見せたのは40cmのアイゴでした。もうアイゴまみれなのでここで終了としました。

この時期のアイゴの引きは黒鯛に似ているような気がする。最近、大型黒鯛を掛けてないのでそう思うだけかも知れないけど。アイゴが消えるのは水温19度以下、早く水温下がってほしいです。今朝は22-24cm3枚でしたが、アタリは結構あり楽しめました。

帰りにもう一つの目的の下見。超浅場の黒鯛はもう見えないだろうか。いやいや、黒鯛見えました。以前よりは数は減ってますが30匹は見えました。以前のように岩を齧る黒鯛は居なくて、全般的にグルグル周っているだけ。食い気は無さそうでした。また次の大潮に狙ってみることにしましょう。

フォローする

TOP