スポンサーリンク

自作練りエサ・生サナギダンゴの作り方。

今回も生サナギダンゴでのゲットになりました。
以前のサナギダンゴとは比べ物にならない程に釣れています。
フグが消えたかどうかを確認できて、ややフグに強い練りエサになっています

自作練りエサ・生サナギダンゴは今年3月に作り始めました。
改良を重ねていますので、改めてレシピ・作り方を紹介しようと思います。

まずはレシピ

生サナギのミンチ:100g。
薄力小麦粉:200g。
砂糖:80g。
サラダ油:大さじ2~3杯。
黄色色素:付属のスプーンすり切り4杯。

生サナギミンチは自分で挽いて作っていますが、マルキューのニュー活さなぎミンチでも代用できると思います。

作り方

まずはサナギミンチ、砂糖、サラダ油、黄色色素をボールで混ぜ撹拌します。
小麦粉はまだ入れません。

 

その後、小麦粉を入れて良く混ぜていきます。最初から団子にはならずそぼろ状です。

ビニール袋に包んで空気を抜き、押し固めます。
ここから夏は3時間、冬は6時間以上、常温放置して寝かせます。

寝かせる事で砂糖が馴染んでしっとり柔らかくなります。
色が変わってきたのが分かりますね。もう一度良く練り直します。

湿気や乾燥などを考え、梅雨~秋はやや硬めに作り、晩秋から春は柔らかめに作ります。
ここで硬ければ水を追加します。今回は秋用ですので何も加えずそのままです。

適度な大きさに分け、ビニール袋やラップに包み、冷凍保存します。
今回はダイソーで買った「50枚入りチャック付きバック」を使用。雨や湿気にも問題なし、使う分だけ取り出して使えます。

今回は5枚作成しました。
掛かった費用は全部で150円以下、1枚当りたったの30円です。

フグの活性が高い時は親指大に付けても良いですし、ここはという時は小さく付けても良い。安上がりなのでバンバン使えますね。

生サナギダンゴでの釣果・釣行記一覧

生サナギダンゴでの釣果・釣行記一覧です。(自動更新)
今年は生サナギダンゴで8枚取っています。

朝マズメ釣行、浅場で48cmゲット。
今日は満潮が日の出頃、朝マズメ釣行を決める。ただ北東のやや強い風、何か所か候補を上げて様子見して入る事にした。早めに出掛け最初の場所。釣り場まで様子見に行く。風は強いけど問題無さそう、ここに入る事にする。
半夜釣行・フグ猛攻の中、違和感を感じカイズをゲット。
今日は前回の場所に半夜釣行する事にした。もし先客や網がある場合を考え、その他の場所も考えておいた。今日は涼しくレインウェアを着ても暑くないし、小雨に降られても続行するつもり。
朝マズメ釣行、48.5cmをゲット。
今朝は満潮が日の出頃、久しぶりに朝マズメを狙って釣行してみる。場所は地磯にしようか、浅場にしようか迷っていた。潮位が高いので何処でも良さそう。行ってみて状況判断して移動しても良いと早めに出掛ける。
渚釣り、今日は生サナギダンゴで38cmゲット。
今日は満潮が17:40、風も弱そう、もう一度渚釣りをやってみる事にした。今日はお昼前のド干潮時に下見に行った。底は砂地だが点々と岩や石、それにワカメやヒジキが生えている。