渚釣り、42.5cm 1.53kgの乗っ込み黒鯛をゲット。

釣行データ

日 付 2021年 3月 15日(月)
天 気 快 晴
中 潮
対象魚 黒 鯛
エ サ オキアミ サナギ
練りエサ イカタン
釣 果 黒鯛1枚
サイズ 42.5m 1.53kg
釣行時間 15:30-18:15
ヒット時間 17:00

釣行記

今日は他の渚に行こうと考えていた。でも、夕方満潮&南風となるので何時もの砂浜に入ろうか。出なかったらこれが最後のつもりでやってみた。

状況は南~南西風やや強い。予想よりも風が出ている。潮は濁りあり、うねりもある。日没と満潮が同じなので潮位はこれから上げてくる。水温を計測すると16.5度だった。

気温が高く暑いと思ったので15:30から開始。風があったので暑さは感じなかった。さて、フグの活性はどうだろう。

オキアミで開始するが残りっぱなし。コマセを入れ始めても残ってくる。あれ、フグが出ない、黒鯛が居るのだろうか?しかし30分経過後にフグが出た。最初はフグの活性低く、練りエサでも残る。だが、やがてフグ地獄へ変化。サナギもイカタンもアタリなく取られてしまう。フグはポツポツ掛かる。

今日はマルキューのチヌパワー激濁りを使用してみた。ヌカを少し足して、大粒の潰しコーンはフルイで省いた。遠投性は問題ない。濁りは遠投すると見えないので波打ち際に入れてみた。ダンゴ状で沈み強烈な濁りを発生させ、底に濁りが溜まる感じだった。これ、凄く良い。潰しコーンを取り除く理由は底に溜まって黒鯛が食べてしまうかも知れないから。コマセを食わせずエサを食わせる作戦。

16:20、急にサナギが残り始める。フグは消えた。これは間違いなく黒鯛の気配。しかしサナギではアタリが出なかった。練りエサでモゾモゾアタリが出たけど食い込まなかった。その後すぐにフグが出てフグ地獄へ。

16:45、フグは消えていなかったがサナギで続けてみる。コマセが2発ウキに命中する。そしてこの時「これは食う」と直感したのだ。するとウキがモゾモゾ、入ったのでアワセてヒット。ドラグ緩めだったのでガツガツと衝撃の後に走られる。ドラグを締めてレバーでやり取り。少し寄せた時、首振りを感じた直後に軽くなってしまう。う~無念のバラシ、針ハズレでした。せっかく掛けたのに落ち込みました。続けるともうフグ地獄。

17:00、サナギはフグにアタリなく取られてしまうがサナギで継続していた。そしてコマセがウキに命中。また「食うかも」という直感。でもまさかねと思ったらモゾモゾ、そしてウキが入る。今度は一呼吸置いてアワセ、ヒットするといきなりの突進。前回、ドラグを締めたままだった。竿が伸されそうになりブーツなので海中に入って切られずに済む。ドラグを緩めて態勢を立て直し、砂浜に移動してからレバーに切り替えてやり取り。バラしたのは根方面には走らなかったが、これは浅根に向かっている。なんとか寄せてくるも波打ち際で再び走られてしまう。慎重に寄せてタモ入れで無事にゲット。42.5cm 1.53kgの乗っ込み黒鯛をゲットしました。綺麗で肉厚な体型の黒鯛でした。

続けると、フグ地獄へ。日没を過ぎ、暗くなってくるがフグは消えない。ウキが見えなくなった所で今日は終了としました。

1枚バラシてしまったけれど、取れて良かったです。満足度は高いです。今日は自分の直感に驚きの一日でした。ちょっと遅れた誕生日プレゼントになりました。ケーキよりも嬉しいです。

チヌパワー激濁りは良い感じでした。遠投でもウキへの命中率は30%くらいでした。ヌカは少なめで濁りが強くなるみたいです。私は多分、潰しコーンは取り除いて使うと思います。

フォローする

TOP