今シーズン最後、東岸の渚釣り。

釣行データ

日 付 2021年 4月 27日(火)
天 気 曇|晴
大 潮
対象魚 黒 鯛
エ サ オキアミ サナギ
練りエサ イカタン
釣 果 な し
釣行時間 3:00-5:30

釣行記

今朝は地磯へ行く予定だったが、急遽場所変更。東岸の渚釣りに行ってみる事にした。東岸の渚はGWまでは実績があるので、ちょっとだけ期待。

今朝はうねりが残っていたので違うポイントへ入る事にした。ここは昨年暮れにやったけどフグ地獄だった。

状況は北風弱い、うねり少し。澄み潮、水温は16.0度。

3:00から開始。最初はオキアミが残ってくる。徐々にモゾモゾアタリが出始める。フグなのか黒鯛なのか、練りエサで流しているとウキが入る、待っても持っていかない。もしかして黒鯛とアワセてみたが大きなクサフグだった。その後も同様なアタリが連続。モゾモゾして持っていかないアタリばかり。オキアミでフグを掛ける、サナギに変更すると残ったまま。

4:00頃からフグが消え始める。練りエサは残ったまま、オキアミも残り始める。これは気配なのか、しかしアタリは出ない。満潮を過ぎ日の出までフグは消えていた。黒鯛の気配っぽいけど食ってこない。

4:45からはフグが出始める。徐々にサナギも持たなくなってくる。でも荒割サナギは優秀で欠片が残ることが多かった。針に残っていれば食うと思うのだがアタリは出ない。

5:00にはフグ地獄一歩手前、5:20に日が差し始めるとフグ地獄開始。イカタンでも荒割サナギでも秒殺状態。潮位も下げ始め、疲れが出てきた。フグ地獄は継続、諦めて終了する事にしました。

これで今シーズンの東岸の渚釣りは終わりとします。また晩秋から冬に狙って見ようと思います。

GW中はもう釣行はしないつもり。南西暴風・大荒れで時化れば早朝短時間だけやるかも知れません。

フォローする

TOP