夕マズメ釣行、見えるのに食わない。

釣行データ

日 付 2021年 10月 26日(火)
天 気 晴れのち曇り
中 潮
対象魚 黒 鯛
エ サ オキアミ サナギ 練りエサ
釣 果 な し
釣行時間 15:00-17:45

釣行記

今日は久しぶりに夕マズメの釣行。満潮は18:20頃、ダラダラ上がってくる潮。久しぶりの場所なので黒鯛が見えるか下見も兼ねる。

到着すると誰も居ない。入る事にする。黒鯛はかなり見えている。食い気があるかどうかは分からなかった。

状況は北東やや強い風、のち弱まる。薄濁り。水温は22.6度だった。

さて、何処でやろうか迷う。まずは見えている近くで近目狙いでやってみる事にした。コマセを入れ始めると見え黒鯛が一斉に消えてしまった。コマセに反応する黒鯛も居なかった。竿を出し始めたが、これでは無理と判断していつものポイントでちょい沖目狙いに変更する。

15:00から開始。フグが出ると思っていたが、約一時間フグは出なかった。ただオキアミだと何かにエサを取られる。練りエサやサナギは残ったまま。誘いを大きく入れたりしたがアタリは出ない。

16:00からクサフグが出始める。練りエサは取られてしまい、サナギも誘ったり長く流すと取られてしまう。でも、この程度のフグの活性なら黒鯛が入ってくれば消える筈と読む。

17:00頃からサナギが残り始める。今日は上げ潮なのに潮は左右に僅かに動くだけ、潮が悪い。暗くなってきてフグは静かになってきた。でも練りエサは持たない。

今日は18:00前には上がらなくてはいけない、半夜に突入すれば状況が変わりそう。でも、疲れもあるし17:45で終了としました。結局、チンチンも釣れなかった。

黒鯛は10匹以上は見えていたのに、潮が悪かったのか食い気がなかったのか、1匹くらい反応しても良さそうなのにね。また次回頑張ります。

フォローする

TOP