スポンサーリンク

地磯釣行、必ず釣れるけどサイズが出ない。

釣行データ

日 付 2022年 7月 28日(木)
天 気 晴 れ
大 潮
対象魚 黒 鯛
エ サ オキアミ サナギ 練りエサ
釣 果 カイズ 25cmx2
チンチン 23cm
釣行時間 2:10-5:15
ヒット時間 3:00-4:10
スポンサーリンク

釣行記

今日は大潮、早朝満潮になる。最近行っている地磯へ行ってみる事にした。この所、ここではサイズが小さいながらボウズは無い。そろそろ大型が食っても良いんじゃと思っていた。

30分早く目が覚めてしまった。そうだ別の地磯の下見をしてから釣行しようと出掛ける。まずは初めての地磯の下見。ここは5年前にタナ計測だけ済ませてそれ以降は行ってなかった。確か海水が通る溝があった筈、記憶が曖昧でこれだけでもと見に行く。溝はあった、ブーツなら渡れそうだったがブーツは車の中。今日はこれだけでも確認できればいいや。満潮時は無理そうだ。潮位の低い時に入って満潮をやり過ごして潮位が下げたら帰る手もあるな。

下見を終えて磯へ入る。状況は無風のち南西やや強い。薄濁り、うねりは小さい。水温は26.6度だった。

2:10から開始。まずはオキアミで流すと齧られて戻ってくる。サナギは無傷だった。多分クサフグだろう。潮位が上げ始め、今日は潮の動きが良くなる。徐々に風が出てきて涼しくなった。

3:00、オキアミで明確なアタリ、しかし掛からない。もう一度同じ場所を通すとモゾモゾ継続、消し込んでから一呼吸置いてアワセるとヒット。最初の抵抗は強いがすぐに寄ってくる。抜き上げて25cmのカイズをゲットしました。良かった、今日も小さいが釣れた。

3:20、オキアミで再びモゾモゾ、しかし食い込まず浮いてしまった。ここで喉が渇いたので仕掛けを回収すべく空合わせした。あらら居食いしてたのね。抜き上げて23cmのチンチンをゲット。連続ゲットを目指すがフグが湧いてしまった。クサフグが連続で掛かる。

オキアミだとゴンズイが掛かり、サナギを信じて流すことにした。空が白けてきた4:05、サナギで消し込み、しかし掛からず。もう一度サナギで流すがアタリが出ない。ここで誘いを入れてみた、するとモゾモゾ、一気の消し込みを捉えてヒット。これも抵抗は最初だけ。抜き上げて25cmのカイズをゲットしました

ここで明るくなってきた、フグの出番。サナギは針を取られる、生サナギダンゴはフグが引ったくって行く。コマセ分断作戦も効果なし。近めにコマセを入れるとピチャピチャやって海面が盛り上がるくらいのクサフグ。エサが途中で取られてしまう。黒鯛は底にいると思うのだが、エサが届けられない。荒割サナギも通用せず、もう打つ手なし。5:00になった、最後の15分間は乾燥アオサを海水で戻して使ってみた。一度押さえ込むようなアタリはあったが、フグがラインを引っ張ったのかも。5:15、日が差してきて暑くなり終了としました。

この地磯は必ず釣れるけどサイズが出ないです。これだけ入っているのだから大きいのも居ても良さそうなのに。ここは奥が砂浜でフグの産卵場になっているのかも。暗い時間帯はフグは静かでしたので、やはり暗い時間帯に勝負した方が良いのかも。次回、明るい時間までやる時はオキアミコマセなど対策を考えておきましょう。

帰りにまた別の地磯ワンドを下見&タナ計測。ここは今まで素通りしていて竿を出したことがない。タナは1.5ヒロ以下、南西風は背後からになる。南西強風時の予備の場所を考えておきましょう。

コメント