スポンサーリンク

久しぶりの深場狙い、エイのみで撃沈。

2024年6月12日 釣行データ

日 付 2024年6月12日(水)
天 気 快 晴
小 潮
対象魚 黒鯛・メジナ
エ サ オキアミ サナギ 練りエサ アオサ
釣 果 な し
釣行時間 2:30-5:30
スポンサーリンク

2024年6月12日 釣行記

今朝は久しぶりの深場狙いに行く事にした。ここは私はあまり相性が良くない、過去の実績はカイズ1枚のみ、メジナなら40UPが出ている。黒鯛とメジナ両狙い。

久しぶりの場所なのでまずは広範囲にタナ測定。全体的に沖に盛り上がり、際は深い、カケサガリ。ポイントの見極めが難しく、際を攻めるか沖を攻めるか迷う。これが相性が悪い原因。今回は近目を徹底的に狙うと決める。ポイントは竿先、水深は3ヒロ、久しぶりに1号負荷の非自立浮きを使う。近目なので竿先絡みに注意が必要、コマセも最初は飛びすぎていた。

2:30から開始。オキアミは残ってくるが稀にアタリ無く取られてしまう。クサフグ、ネンブツダイ、ゴンズイ系は全く出てこない。オキアミでのんびり釣りができる。

3:30には東の空が白け始め、4:00には明るくなってくる。状況は変わらない。4:10、オキアミで流していると明確な消し込み、アワセてヒット。最初はメジナかなと思った。浮いてきて海面で暴れる、そして沖に向かい突進が始まる。魚はすぐ見えた、巨大なエイ、座布団超えてる。綱引きやっても場が荒れるだけなのでラインを引っ張りハリスを切った。エイが多いのは知っていたので這わせないよう注意していたんだけど食ってしまった。

4:30から少しエサ取りが多くなったか。ちょっとだけアオサで試してみる。しかしアオサには無反応。コマセに何かが乱舞、メジナかと思ったら大きなコノシロっぽい。コノシロはオキアミは食わなかった。

明るくなってもオキアミは残ることが多い。5:30、ここで終了としました。小サバは少し見えたけど、フグもネンブツダイもゴンズイも居ない、のんびりと釣りが出来ました。ここは今後、半夜で攻めようと考えてます。

今日、アオサで反応が出れば今週もう一回海苔メジナ狙いで行くつもりだったけど、反応なかったのでやめとくか。来週は梅雨入りかな。また超浅場でフグと戦うことにしましょう。

コメント