自作練りエサ・エビダンゴ数種類。

美味しそうなさつま揚げでしょ。
特に右はオキアミ入りで美味しいですよ~(笑)。

左は「特選えび粉」で、右はオキアミ粉末の「よせアミ」で作った自作練りエサ。両方購入したので二つ作って比べてみた。
作った感じはほぼ同じ。オキアミ粉末の方が粒が大きく、写真のように所々に赤い点。
さて、どちらが良いか、匂いはほぼ同じ。これはどっちでも良い、混ぜてもいいかな。値段も変わらない。「特選えび粉」の方がチャック付き袋で匂い+保存には良さそう。
両方とも1枚にエビ粉はたった5g、色素も1杯だけ、それでもこの色になっちゃう。
ちなみに匂い付けにバニラエッセンス数滴入れてます。

練りエサには砂糖を加えているが、徐々に砂糖の特質が分かってきた。
砂糖は混ぜている時は溶けてこない、常温で半日放置すると溶け出してベトベト・しっとりしてくる。
なので最初に混ぜた時は水分少なめにパサパサに作り、ビニール袋で密閉常温放置。ベトベトしてきた所で練り直しを行う。すると硬さがちょうど良くなる。今後はサナギダンゴにも砂糖を入れる予定、また作ってみる。

私はエビダンゴにクリーム色を出したいと思っている。
エビ粉をもっと減らしてはどうか。取り敢えず小麦粉50g・エビ粉3g・色素などの添加物なしで作ってみた。

たった3gでこの色が出ますか、匂いもエビ粉の香り。写真では分かり難いがピンク色です。これはこれで良い感じがします。
エビ粉のパワー恐るべし。次回は1gで作ってみます。

TOP