寒さ厳しい・マルキューの練りエサ

今年は雪も降り、寒さが厳しいですね。
この先も寒さが厳しそうです。ラニーニャ現象が継続しているようです。

海水温も順調に下降中、今年は例年並みに下がってますね、良い事です。
でも、何時また急上昇するか分かりません。

気象庁の海面水温・海流予測図を見ると、今月中は低水温維持、だけど黒潮は北上傾向。もしかしたら乗っ込みは早いかも知れません。まあ当たればですけどね。

そろそろ早朝に釣行したいと思っているのですけど、まだ寒くて躊躇してしまいます。
これからの潮は夕方にドカンと下げてしまう事が多くなり、逆に早朝は干潮でも潮位は高くなります。暖かい日があれば早朝の釣行も考えていきます。暗い時間帯から始めればフグが出ないですからね。
今後は潮位の高い昼間のみの釣行も考えていくかも知れません。

昨日は3回のチャンスで1枚しか取れませんでした。
モゾモゾするばかりでアワセが難しいです。竿を引っ手繰るようなアタリが出ると嬉しいんですけど、この先も低水温で食いが渋そうです。


次はマルキューの練りエサについてです。
先日はアピールホワイトが柔らかくなってしまったと書きましたが、練りエサ裏面にこんな記載があります。

「柔らかくして…」「硬くして…」と書かれています。
硬くするには配合エサの粉末を混ぜで練り込み…とあります。これ、結構大変なんですよ。釣り場でやろうと思うと時間ロスになります。またグローブを外したり、練るためのボウルや別に配合エサを用意しないといけません。雨が降っていたりすると余計面倒です。

マルキューさん、初めから硬めに作ってくれませんかね。

柔らかくするのは非常に簡単です。手水を付けて練れば良いんです。グローブをはめたままでも出来ます。もっと使う現場の事を考えて作って欲しいと思いました。
私は今後は予め小麦粉で硬くして使うことになると思います。まあ徐々に自作練りエサへシフトして行きますけどね…。

フォローする

TOP