一昨日のリベンジならず返り討ち、フグ地獄へ。

釣行記に書く程でもないので、ブログの方へ書きます。

今日は午後から一昨日のリベンジへ出掛けた。
まずは途中あちこち寄って下見。この前見た地磯には釣り人3名、上がっていたのはアイゴだった。
次の場所へ見に行くとコメントをくれた「じじい@新横浜さん」が竿を出していた。ちょうどカイズが上がった所。色々情報交換してから釣り場へ向かう。

まずは下見、一昨日はあんなに見えたのに今日は1匹しか見えない。嫌な予感。
状況はうねり高い、弱い風、薄濁り、水温17度と上昇。うねりがあるから雰囲気はいい。
15:30頃から開始。すぐにフグ地獄。サナギも持たない。一昨日はクリームダンゴで流せたのに全く持たない。徐々にフグの勢いはピークに。

暗くなってもフグは一向に消えることはなく、一体、どうなっているんだ?状態。一昨日はこの状況を読んでオキアミコマセも用意したけど使わなかった、今日は不要だろうと持ってこなかった。
半夜に突入したがフグは一向に消える気配はない。サナギも持たないのだから嫌になる。18:20でお腹の調子が悪く、指も限界となり終了とした、今日は気配すらなかった。

何故、急にフグが多くなったのか?
海水温上昇のせいなのか、一昨日のコマセでフグを呼んでしまったのか、黒鯛が全く入ってこなかったからなのか。
一昨日は黒鯛が沢山見えて食い気のない黒鯛も入っていたのでフグが静かだったと推測、今日は黒鯛が見えず入って来なかったのだろうか。
リベンジに行ったのにフグ地獄で返り討ちにあってしまいました。トホホです。

次回はまだ予定を立ててません。指は少しづつ回復はしてるけど、まだ渚は無理かも。
南西強風が吹けば行くんだけど、当分吹きそうも無いですね。何とか暖冬が解消されることを祈ります。

フォローする

TOP