アオサで黒鯛、出るかなぁ?

昨日、爺@新横浜さんの話の中でアオサで黒鯛の話題が出た。
確かに見えている黒鯛は岩についたアオサや海苔を食っているようだった。釣った黒鯛の消化器官には必ずアオサ類が入っている。
アオサなら完全にフグは交わせる、フグを交わすにはこれしか思い当たらない。ただ黒鯛がアオサを食ってくれるかどうかは疑問が残る。
過去には海苔メジナ狙いでアオサでカイズを釣ったことがある。大魔人さんは結構大型も釣っている。やってみる価値はあるだろうか。

今ならアオサがフサフサ、乾燥させておけば何時でも使えると思う。
このフグ地獄を抜けるにはもうこの方法しか思い当たらない。アオサならほぼ黒鯛かメジナ、エサ取りはブダイかアイゴ程度。じっくり長く流せるのではないか。フグ地獄ではサナギも秒殺で嫌になってしまう。

あと考えているのはアオサ主体の練りエサを作ること。アオサと小麦粉を練り込んで試してみようと思う。

出るかどうかは分からないが、次回から乾燥アオサとアオサダンゴを作って持参することにする。フグ地獄の突破口を見いだせれば…。
ちなみに昨年暮れにフグ対策でキビナゴを使いましたが、1匹丸々使ってもフグの餌食、貪欲ですね。

手指の状態は少しづつ回復している。やっとペットボトルが開けられる、荷物を持っての移動も大丈夫。でも、長くコマセを打っていると次第に痛くなる、針結びがまだ辛い。
次の大潮周りは渚に行けるかな。今週はアオサも採取に行ってきましょう。

フォローする

TOP