昨日は読みが的中。

昨日は見事なくらい読みが的中して黒鯛をゲットできました。
1日遅れの海からのバースディプレゼントを頂きました。何よりも嬉しいです。

今回は超浅場を攻めるためだけに、竿掛けやウキを購入したりしました。
超浅場ではなかなか竿を出す勇気が出ないです。そのために自分を追い込んでいきました。(笑)それが良い結果に繋がったみたいです。

超浅場の際を攻めるキッカケ、今から13年前になりますね。正月明けにメンバー4名で攻める事になったのです。
私と釣友は先に入って釣り場を確保、最後に来たメンバーは入る場所がなく一番奥に陣取ったのです。
一応、攻め方・狙い目などはレクチャーしましたよ、根の先の沖目を狙いなさいと。だがその方は際で出そうだと際狙いを始める。まるで初心者のように。
風が暴風になり、私達はその人の両隣に移動しました。すると釣友が近目で3kgの黒鯛が突然出る。先に入っていた際狙いのメンバーは圧巻の50UP連発。その時は私は終始タモ係でボウズ、翌日に再挑戦して49cmを上げました。際狙いを目覚めさせてくれたあのメンバーには感謝しかありません。

それ以来、何度か攻めてますが、暴風にならなかったり、濁らなかったり、潮位が低かったりで全くダメでした。
それから昨年見え始めた黒鯛の群れ、今年も数は少ないけれど見えていました。それで出ると思った訳です。
昨日は条件がドンピシャだったんですね。ちなみに昨日は見え黒鯛は居ませんでした。

ちなみにこんな浅場です。これは干潮時に撮影した写真。昨日釣ったポイントのすぐ横です。もっと根が高く張り出しています。

手前の砂地がポイントになる訳です。普段は底丸見えです。
南西強風+大うねり+強濁+夕方満潮、この条件が揃うと一変しますね。

さて、来週も南西強風が続きそうです。でも夕方満潮にはなりませんね。
2月に年無しを取った所も攻めたいし、昨日攻められなかった超浅場の沖目狙いもやってみたい気があります。
大型のチャンスはまだあるような気がしてます。

フォローする

コメント

  1. フライリール より:

    沢村様。
    いつも鱗坊様とお二人の釣行文愉しく拝見させて頂いております。
    一応私は基本的に超浅場抵抗なく釣りします。
    (濁りさえありば最低で30cmの深さでも喰い実績ありますし、メイン釣場も満潮で1ヒロです。)それでも、今回のポイント写真は面白いですね。
    通常50cm以上深くなるのは判りますが、左溝からの潮と正面沖からの波の入りとの兼ね合いで海中が揉まれるわけですが、ポイント小溝根は岸から沖向きですから、どの向きで餌を喰うのか想像するだけでワクワクします。(斜め右方向で口を岸向きでしょうけど)掛けてからの遣り取りが潮時間により変化する楽しそうな場所ですね。
    少し沖の根際なんかも夕マズメ来ても不思議なポイントじゃないですから。
    土、日曜釣師なもので今年の天候巡りに泣かされて釣りしておりません。
    お二人みたいに<寒さも何のその>との根性有りませんので・・・。
    あぁ、早くキチンと春の気候になって欲しい・・。
    感想でなく、ボヤキになってすみません。  

    • 沢村 より:

      フライリールさん、コメントありがとうございます。
      今回は年無しゲットより価値がある釣果でした。

      黒鯛は浅根の僅かな溝を超えて入ってくるのは分かっています。写真下の溝のような感じです。
      今回も最初は根の際で根掛りと思ってしまいました。
      ここはうねりの周期で左からのうねりの波が崩れてきます。その時は揉んでしまうので仕掛け入れず待つ感じです。
      他にも無数に同じようなポイント・溝が有り、やってみたくてウズウズしてます。
      フライリールさんも頑張ってください。

  2. ヒスイ より:

    お誕生日おめでとうございます!

    ポイント写真、いいですね〜!!
    こんな小場所絶対釣れなさそうなのに、条件によっては激変するんですね。

    私も真似したいけど、濁りが必須…!?
    神戸明石周辺は激流が通すので、この時期は濁っても風がやめば1時間で取れてしまいます。
    暴風の中竿出すと風邪ひきそうだし、引け腰になってしまいますね。

    次回浅場予定なので、穏やかでも半夜で試してみますね。

    • 沢村 より:

      ヒスイさん、ありがとうございます。

      普通に見たら釣れるポイントでは無いですよね。
      所が荒れて濁りが入ると一変するみたい。今回は前日の雨も良かったようです。
      今度は夏の半夜で超浅場を試してみようと思っています。

TOP