前半夜釣行、フグ消えず。

釣行データ

日 付 2021年 6月 14日(月)
天 気 曇|晴
中 潮
対象魚 黒 鯛
エ サ オキアミ サナギ
練りエサ
釣 果 な し
釣行時間 19:15-21:45

釣行記

今日は夕方からの半夜・前半夜釣行に行く事にした。前半夜は今年始めて。場所は先週に46.5cmを上げた場所。前回は後半夜、今回は前半夜で試してみる。

明るい時間帯に到着、まずは様子見。黒鯛は見えなかった。状況は東の風弱い、ベタ凪、薄濁り。水温は23.7度もあった。

明るい時間から始めてもフグ地獄は見えている。ゆっくり支度をして暗くなるのを待つ。僅かに暗くなった19:15から開始。フグが出るのでコマセは打たない。やはりオキアミはフグ、練りエサでもサナギでもフグ。暗くなるまでは自作サナギダンゴで試してみる。ほぼ残ってくることはない。

19:30には暗くなってコマセを入れ始める。最初の15分はフグ地獄継続、サナギでも全く持たない。徐々にフグが静かになってくるが消えることはない。

サナギで流すと残ることもあるが、誘いを入れるとフグに食われる。エサが見つかってしまうと食う感じ。20:00、サナギが残ることが多かった。でも2回は残らない。

満潮を過ぎた20:30、サナギが2回連続残ることが多くなり、残ったらクリームダンゴに変える。やはりクリームダンゴは全く残らない。サナギで粘る。

夜は時間の経過が分かりづらく、気が付くともう21:30。サナギは残るようになったけど誘えばフグが食ってくる。結局、フグ消えず、黒鯛の気配もなく21:45で終了する事にしました。

やはりフグ消えず、コマセの入れ始めが早かったかも知れません。この場所は深夜釣行か後半夜釣行の方が断然釣り易い感じでした。次回はまた後半夜釣行でやってみる事にします。

さて、関東地方が梅雨入りですか。いよいよ天気予報が当てにならない時期の始まりですね。(笑)
次回は来週の予定、南西強風で荒れればその前に行くかも知れません。

フォローする

TOP