前半夜釣行、食いが止まった。

釣行データ

日 付 2021年 8月 1日(日)
天 気 快 晴
小 潮
対象魚 黒 鯛
エ サ オキアミ サナギ 練りエサ
釣 果 な し
釣行時間 19:30-22:30

釣行記

今日は22:00が満潮。暗くなってからの前半夜釣行。場所は渚と浅場で迷ったが、腱鞘炎気味なのでコマセ遠投は無理、近めを狙えるいつもの浅場へ行く事にした。

今日は日曜日、だがここは釣り人なし、ライトも当てられない。若い人が遠くで騒いているだけ。入る事にした。

状況は南風弱い、うねりあり、澄み潮。潮位はやや高い。水温は26.7度だった。

暗くなった19:30開始。まずはサナギで流すと残ってくる。オキアミも残ってきた。コマセを入れ始める。潮は左流れトロトロだが流れている。

19:40から練りエサでアタリ、しかし持っていかない。オキアミで流すと頭だけ取られている。これは黒鯛だろうか。サナギでもモゾモゾはあったが食い込まなかった。気配は10分程度で終わる。

20:00、潮が動かなくなってしまう。サナギで流していると消し込んでヒット。やっと来た、これはカイズだろう。結構抵抗し、海面で暴れる。タモ入れすると嫌な鳴き声、グウグウと。タモの中を覗くと馬鹿でかいヒガンフグだった、1kgくらいありそう。こいつサナギを食いやがった。ヒガンフグはあまりサナギを食わないんだけどな。

相変わらず潮は動かない。うねりの周期で左右に振れるだけ。エサは残り始めるがアタリは出ない。

21:00、潮位は上げてきたが潮は動かず。ここで数回連続で針を取られた。サナギで流していると消し込んで浮いてこない。ここでヒット。今度は黒鯛だろう、突っ込みもある。だけどヒガンフグの可能性も。タモ入れしたらまた鳴きやがった。またしてもヒガンフグ。

22:00の満潮までは全てのエサが残りっぱなし。黒鯛の気配ではなく、単に魚が居ない感じ。沖目や手前を攻めたり、左右ポイントを変えたり、誘いを頻繁に入れたり、色々手を尽くすがアタリは出ない。

22:20、練りエサで掛かったのは中型のショウサイフグ。潮は動かず、再びエサが残る。22:30、ここで終了する事にしました。

黒鯛の食いは完全に止まってしまったみたい。でも開始早々のアタリは黒鯛のような気がするがヒガンフグかな。でも、ヒガンフグがオキアミの頭だけ食べて胴体を残ることはないよね。なぜ食わないのか、なぜ潮が動かないのか、訳が分からなくなってきました。そういえば2年前の夏も突然食わなくなったのでした。原因がなんなのか知りたい所です。

今週はワクチン接種や腱鞘炎もあるため、釣行は控えるつもりです。体調次第では週末に釣行したいけどまた連休なのね。やっぱり今日の場所しか無いのかな。

フォローする

TOP