半夜釣行はチンチンのみ。

釣行データ

日 付 2021年 9月 16日(木)
天 気 曇|晴
長 潮
対象魚 黒 鯛
エ サ オキアミ サナギ 練りエサ
釣 果 な し
釣行時間 18:50-22:00

釣行記

今日は渚を予定していたが強風で場所変更。毎年9月下旬に大型黒鯛が出ている場所を攻める。最近は黒鯛があまり見えてないが過去の実績に頼る事にした。

到着すると空いていて入る事にする。今日は干潮が20:20頃だが潮位はあまり下がらない、ここは21:00頃に時合いが来ることが多いので22:00まで続けるつもり。
状況は北東のやや強い風、澄み潮で透明度は高い。水温は24.1度だった。

18:50から開始。最初はオキアミで潮の流れを見る。現在は下げていて良い感じに潮は動く。コマセを入れ始めオキアミで流すがオキアミは戻ってきた。練りエサに変えるとモゾモゾして消し込み、これはゴンズイだった。ゴンズイは単発でその後はエサが残る。

19:30頃から変なアタリが出始める。食い上げて練りエサが取られる。それが数回連続。19:40、フグを疑いサナギに変更。するとモゾモゾ、そして消し込んでヒット。すぐに小さいと分かる。寄せてきて抜き上げ、20cm程度のチンチンだった。やっぱりサナギが良かったのかな。

チンチンも連発するかと思ったのだがこれっきり。その後、クサフグとゴンズイが掛かる。20:20になると潮は止まってしまう。アタリは全く出ない。フグが居ないから置き竿でのんびり。時折誘いをかける。

潮が上げ始めた21:00、潮が逆方向へ流れ出す。これは想定済み。仕掛けとコマセ投入点を変える。その頃からフグっぽいアタリが連発。サナギも持たなくなってくる。真っ暗な時間帯にフグが湧くなんて…。だが21:30からはフグが消えてしまった。黒鯛の気配なのか、サナギや練りエサで頻繁に誘いを掛けるが全く当たらない。終了予定時刻の22:00、今日は諦めて終了する事にしました。

暗い時間帯にチンチンというのも珍しいが、チンチンが居れば大きいのも食っても良さそうだけどね。今年はここは黒鯛があまり見えないから諦めたほうが良いのだろうか。また北風強風などで条件が揃ったらやってみましょう。

フォローする

TOP