半夜釣行、暗くてもフグが消える。

釣行データ

日 付 2021年 10月 31日(日)
天 気 曇 り
若 潮
対象魚 黒 鯛
エ サ オキアミ サナギ 練りエサ
釣 果 カイズ 25cm チンチン2枚
釣行時間 18:50-21:20
ヒット時間 20:00-20:40

釣行記

今日は夜には雨が上がりそうで半夜釣行する事にした。今日は5年振りの場所を予定、日曜日なので予備の場所も考えておく。

到着すると誰も居なかった、入る事にする。今日は20:20頃が干潮、潮位はそれ程下げないが潮回りは悪い。干潮時しか入れない場所を選択した。岩盤で入ってしまえば足場は良い。

久しぶりなので広範囲にタナ計測。タナはヒトヒロちょっとと浅場になる。手前はゴロタ岩がゴツゴツしていてその沖を狙う。

状況は北東の風やや強い、澄み潮、うねりあり。水温は21.5度だった。

18:50から開始。まずはオキアミで様子見。するともうフグが掛かってきた。コマセを入れ始めるとフグの猛攻へ。サナギも持たなくなってくる。今日は出ないかもと思った。

干潮に近付くと潮が止まってしまう。19:55、ここで変化が現れる。サナギが2回連続で残ってきた。20:00、またサナギで流すとモゾモゾして押さえ込み、ウキはサスペンドしたまま動かない。これは食っていると感じてアワセるとヒット。すぐにカイズと分かる引き。慎重に寄せ、念の為タモ入れ。25cmのカイズをゲットしました。サイズは小さいけどボウズは免れた、一安心。フグが消えたのはカイズが入ってきたからだね。暗くてもフグが消えるのに感心してしまう。

その後、またフグが出たけどすぐに消える。20:20、またサナギで押さえ込み動かない、アワセてヒット。今度は小さいと分かる。抜き上げて23cmのチンチンをゲット。

で、またフグが出て消える。20:40に24cmのチンチンを追加。小さいけれど3枚出れば楽しい。あとは大きいのを狙うだけ。

やっぱり今日は日曜日、強力なライトを持った二人連れが海面にライトを当てながら近寄ってきた。そしてポイントを照らされる。見ると釣りするわけでもないのに見に来たのか?勘弁してくれよ。その連中は帰りも居てカーステレオで大音量で音楽を流していた、ここは民家がないけれど迷惑な連中だ。

案の定、アタリは途絶えフグが湧き始める。21:20、今日はここで終了としました。

今日は干潮でも小さいのが3枚食ってきた。気になるのは今日は潮位が下がらなかったが、もっと下がっても食うのかどうか、またやってみようと思います。そろそろ大きいのが食わないでしょうかね…。

フォローする

TOP