網があったが出てくれた。

釣行データ

日 付 2021年 11月 4日(木)
天 気 晴 れ
大 潮
対象魚 黒 鯛
エ サ サナギ 練りエサ アオサ
釣 果 カイズ 31cm 28cm チンチン23cm
釣行時間 2:15-5:45
ヒット時間 2:50-3:40

釣行記

今朝は満潮が4:10過ぎ、満潮前後を狙うため、後半夜釣行する事にした。ここは網が入る事があるので、網があれば渚へ移動するつもりだった。

到着して様子見。やりたくはないが強力なライトで網の旗を探す。先月入っていた際には見当たらない。沖目も見たが見えない。これなら大丈夫だろうと入る事にした。

状況は北風やや強い、澄み潮、うねりなし。水温は20.4度とまあまあ。

2:15から開始する。どうせフグが出るだろうから最初からサナギで流す。コマセを入れ始めるとフグが出始める。サナギはアタリなく取られてしまう。素針で回収するとフグがスレで掛かるくらい。自作サナギダンゴなら多少は持つ。

15分経過後の2:30、ウキがモゾモゾしているがそこから動かない。アワセるとチンチンっぽい引き、だけど針ハズレでバラシ。その後はまたフグが出る。

なかなかサナギが残ってこない。2:50、硬い荒割サナギを2欠けチョン掛けにして入れてみる。するとスコンと消し込みヒット。すぐにカイズと分かる引き、引きはやや強い、抵抗を見せる。タモ入れして31cmのカイズをゲットしました。

10分後の3:00、今度は粒サナギでヒット。これも抵抗は強いがすぐに寄ってきた。抜けるか微妙だったのでタモ入れ、28cmのカイズをゲットしました。あとは大きいのが欲しいけど上手く行かない。

再びフグだらけになる。サナギで我慢して続けると3:40に23cmのチンチンをゲット。徐々にサイズダウンしてしまう。4:00には2回連続で掛かったのだが針ハズレでバラシ。食いが浅かったみたい、サイズは25あるかどうかな感じでした。

4:40、ライトを煌々と付けた漁船が近寄ってきた。網を上げ始めたが、先月の時よりかなり沖目、そして正面は入っていなかった。網の旗は離れていて見えなかった。魚道は正面にあり、そこから入ってくる魚が多いみたいだ。

刺し網の引き上げ作業でかなり海を照らされてしまった。もう出ないだろうか。続けると相変わらずフグは元気。5:20にサナギでモゾモゾアタリが出たが食い込まなかった。明るくなればフグ地獄突入、海面でフグがピチャピチャし始める。ちょっとだけ乾燥アオサを試してみた。アイゴか何かが突くアタリは出たが食い込まなかった。5:45、ここで終了としました。

ここは網のある時とない時があり、網が入るパターンが読めないです。網が入るのが分かれば回避できるのにね。以前の感じだとうねり時や北風強風の時に避難的に入れる感じでした。今日は荒れもなく風もそんなでもない。また漁の期間もあるみたい。今度、知り合いの漁師さんに聞いてみることにします。

今朝は網が入っていたけどカイズゲットできて良かったです。網が無ければもっと出たのでしょうか・・・。さて、来週は南西暴風・大時化がありそうです。そろそろ大型が口を使い始める時期になりますね。渚はもうちょっと先になるかな。

フォローする

TOP