渚釣り、波打ち際で痛恨のバラシ。

釣行データ

日 付 2022年 3月 2日(水)
天 気 晴れのち曇り
大 潮
対象魚 黒 鯛
エ サ オキアミ サナギ 練りエサ
釣 果 な し
釣行時間 14:00-18:00

釣行記

ここの所、南西強風や雨、体調不良もあって釣行出来ず。今日は晴れで暖かく、風は南東、また夕方満潮のベストな潮。何時もの渚へ釣行する事にした。

状況は東~南の風、時折強くなる。風はコロコロ向き・強さが変わった。澄み潮、うねり少し。水温を計測すると15.6度まで上昇していた。

14:00から開始。最初はオキアミが取られたがコマセを入れ始めると残り始め、最後にはオキアミの頭も残ってくる。オキアミで通してみたがアタリは出ない。稀にオキアミを食わない時があるので練りエサでも流すがアタリはない。

フグが出てきたのは1時間後の15:00から。エビダンゴで粘ってみるがフグ消えず。また風が強弱、向きも変わり釣り辛い。満潮の16:20、まだフグ消えず気配はない。唯一。生サナギダンゴだけは長く残る。ここから生サナギダンゴメインに使う。

徐々に生サナギダンゴも持たなくなってきた。クリームダンゴやエビダンゴはほぼ秒殺状態、サナギも持たない。生サナギダンゴが針に残っていれば絶対に食うと信じる。

早めに電気ウキに変えた17:30、生サナギダンゴでモゾモゾ、ここでウキを見失う。沈んでいるっぽい、浮いてこない。ここでアワセるとガツンとヒット。いきなりの重量感、これはデカイ。頭を振り始めレバーで対戦。徐々に寄ってきた。波打ち際で急に根の方向へ走られる。そこでフッと軽くなってしまった。針ハズレで痛恨のバラシでした。一度やり取りの最中、抜けた感触があったが針は掛かっていた。もしかしたらその時に口の奥に掛かっていた針が外れて歯か何かに掛かったのかも知れないな。感触からして45はありそうでした。

気を取り直して続けるが、もうフグの海。18:00、体力が限界、生サナギダンゴも持参分使い切ってしまい、ここで終了としました。

今日は痛恨のバラシ。でも生サナギダンゴを食ってくれた事が収穫かな。またやってみましょう。

なんか最近、暖かくなってきて南西強風が多くなりましたね。吹いて欲しい時に吹かず、吹いて欲しくない時に吹かれる感じです。釣行日が夕方満潮でベタ凪だったら最高なんですけどね。

フォローする

TOP