料理方法

黒鯛の料理方法

刺身

黒鯛は何といっても刺身が一番おいしいです。
鱗、頭、内臓を取り、3枚におろしたら、皮を引きます。
身は冷蔵庫で約半日冷やすと、熟成しておいしくなります。
釣ってすぐに食べるときは、身を薄く切り、時間が経ったら厚めに切ります。

潮汁

刺身の余りを使います。
頭は半分に割り細かくします。骨と皮は適当な大きさに切ります。出来た材料を一度湯通し、水で洗い臭みを取ります。材料を水から煮て、塩で味を調え、ネギを加えて出来上がりです。

アラ煮

刺身の余りを使います。卵、白子もあれば使います。
頭は半分に割り細かくします。骨と皮は適当な大きさに切ります。出来た材料を一度湯通し、水で洗い臭みを取ります。
材料に砂糖、醤油、味醂を加え煮込みます。
一晩経つと味がしみてさらにおいしくなります。

フライ

3枚におろし、中骨を取り除きます。皮は引かずに残し、適当な大きさに切ります。
塩を振り冷蔵庫で1晩寝かせ、後は普通のフライと同じ要領で揚げます。
臭みがある時期でも、皮まで美味しく頂けます。

外道の料理方法

海タナゴ

大きな海タナゴはナメロウ(タタキ)が絶品です。一度お試しください。
小型の海タナゴは、煮付け、唐揚げがおいしいです。

鰡(ボラ)

鰡は臭みがあるので食べない方が多いですが、このようにするとおいしく食べられます。
釣ったらすぐに頭と内臓を取り、血抜きをして臭みを抜きます。3枚におろして、塩焼き、味噌漬けにするとおいしいです。
(注)夏の鰡は臭みが強いので食べない方がいいでしょう。

フォローする

TOP